スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Little Bennett Regional Park

2005年11月11日 20:00

花追っかけ友だちのSatchanさんとご一緒に
メリーランド州のLittle Bennett Regional Park の晩秋を歩いてきました。
私も歩いたことがあるKingsley Trailをまず歩いてみました。

紅葉はもう終わりかけでした。
でも葉が落ちている故に見えてくるものもあって、
あらこんなところにあったのね、と見つかります。

花パパさんのサイトで気になっていた
Witch Hazel や ツルウメモドキ(もしくはツルウメモドキモドキ?)
が見つかりました。

Witch Hazelの花の咲き残り

051112945.jpg



Witch Hazelのおもしろい形の実も確認できました。

051112947.jpg



日本からオーナメントとして輸入された
ツルウメモドキ(Oriental bitterswee/Celastrus orbiculatus )
はアメリカ東部で自生のAmerican bittersweet(Celastrus scandens)
と似ており、葉は残っていなかったので
どちらであるか確認できませんでした。
来年確認して日本のツルウメモドキと分かったら
お花の材料としていただいてきます。

051112956cb.jpg



Japanese barberry は日本のメギのことです。
園芸種として色々な品種が作り出されました。
庭から逃げ出したものが東部を中心に野生化しましたが、
アメリカ原産のAmerican barberry も東部には自生しているようです。

051112951.jpg


こちらも日本原産の ノイバラ((Rosa multiflora)
Satchanさんと夏にどんな花が咲くかを思い出して話していて
そう言えばあれだけ方々で見たというのに
きちんとした名前を探していなかったな~と
あの繁殖力の強さと図鑑にないことから
アメリカ自生種ではないと思っていましたが、
よく考えたら日本のノイバラでしたね。
日本のノイバラはヨーロッパに渡って
バラの品種の大事な原種の一つになっています。

051112962.jpg


公園内の道路脇にあったシルバーメープル
オハイオの家では裏庭に大木が二本あってあって
春の種、秋の落ち葉とも掃除が大変な木でした。
きれいに紅葉するとなかなか美しい黄色になります。
紅葉はメープルの中でももっとも遅いので、
今緑から黄色に変わっている木はこのシルバーメープルです。

051112966.jpg



Downy Rattlesnake Plantainの葉を探しに
Pine Grove Trailも歩いてみましたが、
ここはもう落ち葉が敷き詰められていて見つけるのは一寸無理。
でも来年はここであのきれいな葉っぱとちび花が
見られることが分かっただけで収穫です。
この辺りはBeech Treeのグローブになっているらしくて
落ち葉ではじめて確認できました。
特徴のある実の形です。
日本ではブナの実のなる数が年により大きく変わり
その年の鼠の生息数と大きく関係しており
その鼠を補食する動物の生活にも大きく影響します。
こちらではどうなのでしょうか?

051112979.jpg



ずっと確認できなかったVirgin's Bower も
Pine Knob Trail近くにあるのを教えてもらって
来年は花も見られるでしょう。

051112988.jpg



おしゃべりに夢中になって私はほとんど何も見つけられませんでした。

Satchanさんがほとんど教えてくれたので、
一人だったら何も撮らずに帰ってくるところでした。
ありがとうございました。

コメント

  1. satchan | URL | hn5cncJ.

    アップルさん、こんにちは。
    今日は、1日ありがとうございました。とても楽しかったです。
    お写真、さすがですね~。とっても綺麗!

    追記 クズの実も、Power Lineの日記からわかりました。

  2. アップル | URL | 9LpUWCrY

    >お写真、さすがですね~。とっても綺麗!
    お褒めいただいてありがとう!
    でもこれってカメラの機能におおうところが多いです。
    一眼レフはやはりほしいところだわ~

    Japanese barberry は気になったので調べたらメギでした。
    この木は園芸品種でたくさんの葉色が作り出されていて観賞用に良く植えられてます。
    長い棘があるので良く引っかかって迷惑なんですけれどね。
    葉がないと実だけでは分かりにくいものですね。
    このぶら下がった感じきれいでしたね。

    Multiflora Rose(Rosa multiflora)も調べてみたら、やっぱり日本原産のノイバラでした。
    この原種はヨーロッパに渡ってフロリバンダ系など房咲きのバラの多くの元木になっています。
    原産種のバラのローズヒップはみんな小さいですけれど、
    集めればローズヒップティーぐらいにはならないかしら?と考えています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://applefairy05.blog19.fc2.com/tb.php/96-bf388294
この記事へのトラックバック

Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。