スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U.S.National Arboretum

2005年03月13日 20:00

まだまだ花は咲いていませんが、
梅、サンシュユ(コーネリアチェリー)、小さいモクレンの花、
が少し咲いていました。
気の早いオカメと言う種類の桜も
つぼみをずいぶん膨らましていました。
どこもかしこも広く取ってあって
またオハイオと違い起伏があるので、
新鮮な眺めでした。
でも原っぱの真ん中に枝が伸び放題で立っている梅は
わたしたちには梅の木には見えませんね。

国立樹木園の南斜面の広い範囲に
アジアの植物が植えられています。
木の名前はよく知らないので
学名で書かれるとなおさら
何の木のことだか分かりません。
木々が芽を出してきたら
樹木図鑑もって来なければ、
この斜面を下までおりると
ポトマックリバーの河畔へ出られます。
静かな河の流れだけが見える気持の良い草地になっています。
キャピタルヒルからたったの数マイルのところに
こんなところがあるなんて驚きでした。
ポトマック河畔で会った
かわいらしいネコヤナギのつぼみと、
竹藪のさわやかなみどり

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://applefairy05.blog19.fc2.com/tb.php/76-e8eee873
    この記事へのトラックバック

    Profile

    アップル

    Author:アップル
    4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
    「Nature Journal」 に変更しました。
    相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
    今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


    アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。