スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3rd Annual Conservation Garden Tour 1

2010年04月24日 08:10

Conservation Garden Tour の一軒目は Margaret Reid Wildflower Garden に向かいました。
おり悪く雨が降ってきましたが傘をさしながらもやはり写真は撮ってきました。

ここは個人のお宅の庭ですが North Carolina Native Plant Society の Triangle エリアの支部になっていて
様々な場所から救い出された野性植物がここに集められ保護されています。
長年この地域の活動の中心的役割を果たしています。
去年はオープンガーデンツアーの時ではなく二週間ほど早い4月12日に来ているので
今回は又違った花が見られるだろうと期待しています。

去年も咲いていた Catsby Trillium(Trillium catesbae)と再会!
そして去年よりもたくさんの花を見られました。
私の知っているナーサリーで扱っているのをまだ見たことがありませんが
Catsbyは育てやすいトリリウムでネーチャーガーデンでは人気の品種なんだそうです。
この辺では貴重な Yellow Trillium( Trillium luteum )もありました。

100424268.jpg 100424291.jpg 100424254.jpg

100424299.jpg 100424287.jpg 100424386.jpg

Coral honeysuckle (Lonicera sempervirens L.)家の裏の藪にも咲いているぐらいポピュラーです。
日本ではツキヌキニンドウと言う名前で入っています。
Wild Blue Indigo (Baptisia australis)は日本でもムラサキセンダイハギとして植えられています。
野性ではなかなかきれいな物に出会えませんが園芸品では見事に大きな株に育ってくれます。

100424251.jpg 100424312.jpg 100424325.jpg

Flame azalea (Azalea calendulacea)
Swamp azalea (Rhododendron viscosum )

100424318.jpg 100424262.jpg 100424253.jpg

アメリカのナチュラルガーデンでは定番の3点。
でもノースカロライナで自生地はそれほど多くないです。
Wild Blue Phlox (Phlox divaricata)
Wild Geranium (Geranium maculatum)

wild blue phlox (Phlox divaricata) 100424322.jpg 100424328.jpg

Eastern bluestar (Amsonia tabernaemontana Walter)は東海岸に広く分布していますが
ノースカロライナに来て始めてみました。
Ohio Spiderwort (Tradescantia ohiensis)
北ではほっそりとした姿で咲いている Wild Columbine (Aquilegia canadensis)はこのあたりでは
大きな茂みを作ってたくましい姿です。

eastern bluestar (Amsonia tabernaemontana)  100424316.jpg 100424326.jpg

100424273.jpg 100424346.jpg

長年馴染みの Mayapple (podophyllum peltatum)もちょうど咲き始めできれいな花が見られました。
Twinleaf (Jeffersonia diphylla)は残念ながら花びらが特徴の二枚の葉っぱの上に落ちていました。
largeflower heartleaf(Hexastylis shuttleworthii)はノースカロライナのナチュラルガーデンではグランドカバーとして人気です。

100424272.jpg 100424333.jpg 100424292.jpg

American Wisteria (Wisteria frutescens )これもノースカロライナでは至るところで見られます。
日本の藤に比べて花房が短いです。
Fringe Tree (Chionanthus virginicus)はアメリカでは一属一種しかない花木ですが
自然でも時々見かけます。
10㍍にまで育ち、さわやかな良い香りがするので庭に欲しいですね~。
Double Reeves spirea (Spiraea cantoniensis)
八重咲きのコデマリです。

100424334.jpg 100424341.jpg 100424342.jpg

Jack-in-the-Pulpit (Arisaema triphyllum)ここのは大きさも色も見事。
最後の最後にすごい花に出会えました。
Kentucky lady's slipper(Cypripedium kentuckiense C.F. Reed )
これはちょっと見られないほどの大株の群落になっています。
ちょうど見ごろのきれいなスリッパに感激!

データーベースを見ると南部アメリカの州にまばらに分布しています。


100424363.jpg 100424364.jpg 100424356.jpg

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    Profile

    アップル

    Author:アップル
    4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
    「Nature Journal」 に変更しました。
    相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
    今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


    アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。