スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Snyder's Landing & Ferry Hill Trail

2008年03月23日 20:12

ポトマック上流の丘陵地帯に野草を探しに行ってきました。
このエリアを歩くのも今年が最後になるので
何も見落とさないように丹念に歩きたいと思います。

いつもの谷よりも一つ手前で上がり
丘の上に付いてから次の谷に降りていくと
私有地との境界線の有刺鉄線に扉が付いていました。
扉だけが立っているようなおかしな眺めです。

080323683b9.jpg 080323685.jpg 080323686.jpg


今日の野草の写真はまだ芽が出たばかり。
知らない人にはなんだかさっぱり分からん写真ばかりです。

最初に迎えてくれたのはCut-leaved Toothwort (Cardamine concatenata)
でした。
たくさん出てくるので若い葉の切れ込みや色の変化を比べるとおもしろいですね。
ビリーゴートではコンパニオンプランツでたくさん咲く
Spring Beauty (Claytonia virginica)は
ここで葉は見つかりますが花芽はほとんど付いていません。
土質が合わないのでしょうか?

Toothwort (Cardamine concatenata)  Cut-leaved Toothwort (Cardamine concatenata) 080323679.jpg


今年はDwarf Larkspur (Delphinium tricorne)の葉の芽が早く
エリアも広い場所で出てるような気がします。

Dwarf Larkspur (Delphinium tricorne) Dwarf Larkspur (Delphinium tricorne)


さて一番のお目当てのTwinleaf (Jeffersonia diphylla)は
かわいらしい葉が出始めているところでした。
順調に行くと満開は2週間後ぐらいでしょうか。

Twinleaf (Jeffersonia diphylla) Twinleaf (Jeffersonia diphylla) 080323709.jpg


今年は雪がほとんど降らなかったせいか
Round-lobed Hepatica (Hepatica nobilis) はほとんど花が付かなかったようです。
残念!

家ではまだ蕾がかろうじて見えてきたBloodroot (Sanguinaria canadensis)
の花が開いていました。
野草はその土地の気候ばかりでなく
丘の形状、小川の流れ方、陽の当たり方、大木一本の作る影の存在など
あらゆる事が植物に影響を与えますから
思いもかけない場所の花が先に咲いたりします。

Bloodroot (Sanguinaria canadensis)


Mountain Lock の Bloodroot も気になるところですが、
時間も遅くなってしまったので
Ferry Hillの古い野草観察路に寄って帰ることにしました。

ここでのスターは文字通りShooting Star (Dodecatheon meadia)で、
これもなんか増えているような気がして嬉しいわっ。

Shooting Star (Dodecatheon meadia) Shooting Star (Dodecatheon meadia) Shooting Star (Dodecatheon meadia)


短いトレイルをほぼ降りきった当たりには
Toad Trillium (Trillium sessile)がたくさん出てきます。

Sessile Trillium (trillium Sessile) Sessile Trillium (trillium Sessile)


これは何かしらと思った蕾。
馴染みのある葉っぱなのですがこの時は思い出せませんでした。

early Saxifrage (Saxifraga virginiensis)


コメント

  1. 0-chan | URL | -

    ああやっぱり

    ツインリーフって可愛いわ~(^◇^)
    で、タツタソウで我慢したんだわ 私;; もう1年経つんですね~
    次のお引越し先も アパラチアン山脈続きなんでしょうか?
    それとももっと海の近くなのかなあ・・・
    地図で見ると すぐお隣なんだけど 日本の縮尺を当てると、
    緯度が随分下がりますもんね~;
    この春の芽吹きをしみじみ見る自然が少し違ってくとは思いますが
    その違いを見られるのも 楽しみです(^・^)


  2. 花ママ | URL | fSBV5wug

    Re: Snyder's Landing & Ferry Hill Trail

    アップルさん、
    学生実験でバタバタして、その後実家に行ったり旅行したりで
    ちっとも落ち着かなくてこちらにもお邪魔出来ませんでした。
    ヴァージニアもついに春!ですね。
    体に無理の無いように、最後の春を満喫して下さいね。
    それにしても懐かしい花達がずらり!
    最後の子はEarly Saxifrageかな~?
    まだまだ寒いから首を縮めて待ってます~!って言う感じ。
    ううう~、アップルさんと一緒に見に行きた~い!

  3. アップル | URL | Yl5Iw5xY

    コメントは帰ってきてからね

    これから再びポトマック河畔です。
    今週は今日だけが晴れです。

  4. アップル | URL | Yl5Iw5xY

    ああ、そうだ

    ”タツタソウ”の名前が思い出せなかったのよね。
    去年はツインリーフばかり気になっていましたが
    今年は時間もないので要領よく見に行かなくてはと思っています。
    今度の街は海にも山にもちょっと遠いけれど
    どちらかというと山よりで車で2時間ほどです。
    アパラチアン山脈は東北から西南に斜めに走っているので
    南に行くほど内陸部に入り込むのです。
    これまた西北に斜めに山に近づくとちょどシェナンドアスカイラインから繋がっている
    ブルーリッジドライブウェーにたどりつきます。
    Cahpell HillはFeaFax市よりも標高が高いので
    夏の暑さは酷くなく冬はずっと暖かいはずです。

    ご覧の通りオハイオでは初夏の花がもう咲いてしまっていますので
    (たぶんブルーベルは3月に咲くと思われます)
    すごく早い早春に(そちらでは冬ですね)春の花を見に来られますよ。

  5. アップル | URL | Yl5Iw5xY

    Early Saxifrage で~す。

    次の日にCardelock を歩いて花ママさんに教えてもらった
    Early Saxifrage の咲く斜面を歩いて
    かわいい花芽を出した子達を写してきました。
    やっぱり春一番はCardelock周辺ですね~。
    もう引っ越しの準備に没頭しているべきはずなのに
    身体が言うことを聞かないのを言い訳にまだ花を見て回っています。
    写真のファンインダーを覗いていれば痛いのを忘れられますから。
    これが花のスッケチではうまくいかないのがおかしいんですよね。
    花ママさんがいれば絶対もっと調子よくなっていると思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://applefairy05.blog19.fc2.com/tb.php/366-a52755fa
この記事へのトラックバック

Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。