スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Meadowlark Botanical Gardens Park 8/24

2007年08月25日 19:35

昔から馴染みの真夏の花見つけました。
ケイトウ、オシロイバナ、フレンチマリーゴールドなど。
もう今ではあまり植えられなくなった花達ですが
意外と知らないこともありました。


Common cockscomb(Celosia argentea L. var. cristata)ケイトウ

070824105.jpg Common cockscomb(Celosia argentea L. var. cristata)ケイトウ


ケイトウはその名前のごとく鶏冠のような形状から付けられましたが
この鶏冠状の部分は花の帯花現象を園芸的に固定したものなんですね。


Four o’clock flower(Mirabilis jalapa)オシロイバナ

four o’clock flower(Mirabilis jalapa)オシロイバナ 070824110.jpg 070829152.jpg


オシロイバナはみなつぼみで咲いている物がありませんでした。
英名を調べてみるとFour o’clock flower。
夕方4時にならないと咲かないからなんですね。
忘れていました。
そう言えばオシロイバナはいつも夕暮れの黄橙色がかった光りの中で
眺めていたような気がします。
できていた種をすこーしもらってきました。
来年は撒いてみましょうか。


French marigold (Tagetes patula)フレンチマリー ゴールド

Tagetes patula(フレンチマリー ゴールド) French marigold (Tagetes patula)フレンチマリー ゴールド


大きなくす玉のようなアフリカンマリーゴールドと
小ぶりな花のフレンチマリーゴールドがありますが
これは原産地ではなく改良された土地にちなんだ名前なんですね。
メキシコあたり中米が原産地です。

コメント

  1. ruby's paw | URL | -

    帯化現象は

    ユリでお馴染みだけど、ケイトウがそうだというのは、初めて知りました。そう思って見ると、なるほどそうですね・・・納得!

    こちらでは庭から逃げ出したオシロイバナが野生化してます。それも宿根草化してるようです。交雑して複雑な色模様になってる花を見ると、「メンデルの法則」の文字が頭に浮かびます。でも、オシロイバナはメンデルの法則に従わないんだそうですね~

    オシロイバナの種、手榴弾みたいでカワイイと思う私って・・・変かしら?

  2. アップル | URL | EhAwTh32

    手榴弾

    オシロイバナはここでも混じり合ったのが咲いていました。
    オシロイバナの種が手榴弾の形に見えるのがユニークだわ(^◇^)
    種の写真追加しました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://applefairy05.blog19.fc2.com/tb.php/325-f0ed66c2
この記事へのトラックバック

Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。