スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の亜熱帯の蝶@Wings of Fancy

2007年08月23日 20:21

グリーンハウスで開催されている
バタフライショーを二回も訪れたので
今年は蝶の写真がたくさん撮れました。
Identification Guid も買ってばっちり名前を確認しようと思っていたのに
ガイドに出ていない蝶があまりにも多いんですよ~。

ガイドにはNorth American and Costa Rican Buttesflies とあったのですが
調べてみると東南アジアから日本にも分布している
蝶もいることが分かってきました。

撮った写真は飛んでいる蝶のほんの一部なのに
興味をひかれた蝶にアジア産がたくさん居たのが不思議。

今回はアジア産の蝶をアップしてみます。

Ceylon Blue Glassy Tiger、リュウキュウアサギマダラ(Ideopsis similis)

070805245.jpg 070805056.jpg 070805242.jpg


Tree Nymph Butterfly、オオゴマダラ (Idea leuconoe)

オオゴマダラの蛹は金色で見事です。

Tree Nymph Butterfly (Idea leuconoe)オオゴマダラ Tree Nymph Butterfly (Idea leuconoe)オオゴマダラ


ナガサキアゲハと同じ仲間と思われる蝶ですが尾があります。
調べてみると海外では有尾型が普通で、
九州や南西諸島などでは稀に採取されるらしいです。
左は♀右は♂

8/24追記:有尾の蝶はナガサキアゲハに近縁の
      Papilio lowi ロウィアゲハと分かりました。
070623886.jpg 070623881.jpg

写真を良く探してみると尾のない形もいました。
Great Mormon、ナガサキアゲハ(Papilio memnon )
左は♀右は♂

070805265.jpg 070623885.jpg



ナガサキアゲハの写真はこちら

Chinese Windmill ジャコウアゲハ(Atrophaneura alcinous)

Chinese Windmill ジャコウアゲハ(Atrophaneura alcinous)

コメント

  1. ruby's paw | URL | -

    ナガサキアゲハには

    「有尾型」があるんだそうですね。日本亜種の尾状突起がないものを見慣れていると、ちょっと不思議な感じがします。

    リュウキュウアサギマダラもオオゴマダラも私のタイプで、実際に見てみたい魅力的なチョウたちです。今日、たまたま、庭でゴマダラチョウを見つけてカメラでキャッチ!&UPしましたので、お時間のある時にでもご覧くださいな。

  2. アップル | URL | 9LpUWCrY

    Papilio lowi

    尾っぽがあるのとないのと両方写していたので
    違いに気が付きましたけれど
    飛んでいる時は尾っぽのあるなしはおろか
    ♂と♀の関係だってわかりませんでした。
    写真とインターネット上の図鑑をじっくり眺めて
    やっと整理が付いてきたんですよ~。
    そんなときにruby's pawさんのとところでも
    ナガサキアゲハを見てびっくりです。
    有尾の物は極近縁種のPapilio lowi だと教えてもらえました。
    ゴマダラチョウもシックな出で立ちの蝶ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://applefairy05.blog19.fc2.com/tb.php/321-1c3bdd54
この記事へのトラックバック

Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。