スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Shenandoa National Park/Whiteoak canyon Trail、 Milam Gap Parking

2007年07月19日 06:53

シェナンドアのWhiteoak canyon Trail には
もう真っ赤なモナルダが咲いている頃でしょう。
Turk’s-cap Lily、Helleborineのその後を見るためにも
引っ越し直前でしたが出かけてきました。

Helleborine(Epipactis Helleborine) 070719086.jpg



Helleborine(Epipactis Helleborine) Helleborine(Epipactis Helleborine) Helleborine(Epipactis Helleborine)



Scarlet Bee-balm (Monarda didyma)が咲く橋についた頃には
空模様が怪しくなり撮影している内に雷も鳴り始めました。

070719115.jpg Scarlet Bee-balm (Monarda didyma) Scarlet Bee-balm (Monarda didyma)


大粒の雨が降り始めたのでこれは土砂降りになるなと
あわてて車に戻る道をそぎましたがこういう日に限って
傘を持ってくるのを忘れてくるのです。
カメラバックはカバーがあるので大丈夫でしたが
私の方はかなりずぶ濡れになりました。

雨脚が強く視界も悪いので様子を見ようかと思いましたが
山の雨のことカーブひとつ曲がると晴れてしまうこともあるので
BIg Meadow のTurk’s-cap Lily (Lilium superbum)を見に行くことにしました。

070719137b9.jpg


Milam Gap Parkingについた頃には雨も上がり始めて
きれいに洗われたユリたちが林の中を明るくしていました。

林の縁だけでなく奥にもたくさんの群落があって
今年も良いユリの時期に来られることが出来ました。
もっと咲き進んでつぼみが全部開いているところも見たいのですが
ちょうど引っ越し真っ最中でしょう。

Turk’s-cap Lily (Lilium superbum) 070719146.jpg Turk’s-cap Lily (Lilium superbum)


Mill Plong Trailと交差しているアパラチアントレイルを去年も少し歩いてみています。
Turk’s-cap Lilyの群生がMill Plong Trailよりもあったので
今年は花付きが良さそうなのを期待して先の方まで歩いてみました。
とっても気持の良い道でした。
遠く左手に見えるのがTurk’s-cap Lilyのオレンジです。
ここの右手にあった群生が一番大きかったのですが
葉が病気にやられていて残念ながら写真にはとりませんでした。

070719008b9.jpg


アパラチアントレイルの入口より林の奥に咲いていた一群

070719978.jpg 070719184.jpg 070719982.jpg


さて時間も遅いので元来た道を戻り
Mill Plong Trail の Trailing White Monkshood(Aconitum reclinatum ) の花をチェックです。

070719028.jpg 070719048.jpg 070719035.jpg


Rose Twisted-stalk (Streptopus lanceolatus)の実も真っ赤になっていました。

070719211.jpg 070719214.jpg

コメント

  1. alchemilla | URL | -

    Turk’s-cap Lily

    日本のコオニユリより明るいオレンジが素敵ですね。
    満開の頃よりコレ位のボリュームがリズムを感じてよい感じですよ。
    やはり強い香りが漂っていました?

  2. アップル | URL | 9LpUWCrY

    Turk’s-cap Lily

    このユリたち香りはほとんどしないんですよ。
    香りが良いのは日本生まれのユリたちの特徴だと思います。
    日本のユリがあっと言う間に
    欧米で最もポピュラーなユリの地位を確立した
    一因でもあると思います。

  3. 0-chan | URL | -

    ほんとだあ~

    アップルさんが言ってたように、日本のコオニユリとは違って
    花に毒々しさがないですね~! 
    コオニユリはどっちかってーと 日当たりのいい場所にぐらんぐらんさせて咲いてますが、
    このTurk’s-cap Lilyは 林の中で優しげにバランスよく蕾を配置してる感じですワ

    で、真夏だというのに うっとうしくないないほどよい緑の量に
    林床のシダの良さってのを感じましたわ~(^・^)

  4. アップル | URL | 9LpUWCrY

    シダの緑

    ビックリするほどの量のユリが咲いていたんですよ。
    でも葉っぱがほんとに酷い痛み方でした。
    ユリがかかりやすい病気ってあるのでしょうか?
    原因が分かったら薬剤散布してあげたいところです。

    日本のシダも綺麗ですが
    こちらで山に広がっているシダの海は
    見ていて気持が良いです。
    こんな景色を庭に取り入れて
    明るい花の色を点のように散らせたら素敵でしょうね。
    すっごく贅沢な庭ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://applefairy05.blog19.fc2.com/tb.php/314-f31fbb41
この記事へのトラックバック

Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。