スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Shenandoah National Park

2007年06月30日 20:42

まずはThorton Gap Entrance から近いMeadow Spring Parkingに車を停めて
からBuck Hollow Trail を少し入ったところにある Turk’s-cap Lily (Lilium superbum)を確認。

070630262.jpg 070630263.jpg


Parkingに戻ってくると
道路向こうに大きなTall Meadow Rue (Thalictrum pubescens)が
群生しているのを花ママさんに教えてもらいパチリ。
トールと言うだけあってこんなに大きくなっちゃうのね~。
それにしてもShenandoahの野草はホントに育ちが良いです。

Tall Meadow Rue (Thalictrum pubescens) Tall Meadow Rue (Thalictrum pubescens)


次のポイントは39MPのパ-キングから一歩き。
Little Stony man 下にあるというYellow Clintonia (Clintonia borealis)を
今年見つけられなかったので、花ママさんに案内してもらいました。
二人で指さしているのが花パパさんが転がったという崖
この下に確かに実を付けたクリトニアが確認できました。

070630272.jpg




こちらはMP40を越えたあたりで湿地になっている道路脇。
Larger Purple-fringed Orchid、Turk’s-cap Lily、 Pale Touch-me-not などが咲くスポット。
去年もTurk’s-cap Lilyをスケッチしました。
今年も元気なつぼみが付いています。

Turk’s-cap Lily (Lilium superbum)



あちこちで咲いているWild Columbine (Aquilegia canadensis)

Wild Columbine (Aquilegia canadensis) Wild Columbine (Aquilegia canadensis)


次の目的地はLimberlost Trail のRound leaved Pyrola (Pyrola rotundifolia)
とHelleborine(Epipactis Helleborine)です。

Pyrola は日本のイチヤクソウの仲間です。
去年もここで見ましたが今年は少し離れたところにも小さい株が出ていました。

Round leaved Pyrola (Pyrola rotundifolia) 070630280.jpg Round leaved Pyrola (Pyrola rotundifolia)


Helleborineは去年の株が折れてしまっていて
もう一つの場所も二人で一生懸命に探したつもりだったのですが
見つからずじまいでした。
ところが今日花ママさんと来てみるとあらま不思議
たくさん花芽が出ているじゃ~ないですか。
(不思議でも何でもなく二人の目がほとんど節穴状態だって言うことです)
ばんざ~い今年は当たり年のようです。
この大きな株順調に成長してくれると良いな~。

Helleborine(Epipactis Helleborine) Helleborine(Epipactis Helleborine) Helleborine(Epipactis Helleborine)


最終目的地のMill Prong Trail に向かう途中に
もう一か所Yellow Clintoniaの群落が道路脇にあるというのでそこにも確かめに行ってきました。
Crescent Rock Trail のパーキングのちょっと先の岩場の奥を覗くと
ツヤツヤの葉っぱがたくさん茂っています。
実がなって今年花が咲いた証拠もしっかりありました。
こんな道路脇でもあるもんですね~。
これだけ教えてもらえば来年は何処かで
黄色のかわいい花を見ることが出来るでしょう。

Yellow Clintonia (Clintonia borealis)


さていろいろ寄り道しながら
やっとBig Meadow を越えて Milam Gap Parking までやって来ました。
パーキング脇のTurk's-cap Lily はどれもまだまっすぐ立って
つぼみも順調に育っています。
トレイルに入ってからのTurk's-cap Lily はどれもつぼみを付けていなかったのに
今年はつぼみを持っている株がばかりです。
今年はいくら鹿に食べられてもこれだけあれば大丈夫!


Mill Prong Trailを川に向かって降りていくと
Indian pipe (Monotropa uniflora)が今年はやけに多く出ています。

Indian pipe (Monotropa uniflora) Indian pipe (Monotropa uniflora)
 

Blue Cohosh (Caulophyllum thalictorides)も青くて綺麗な実を付けています。
Bellwort (Uvularia Perfoliate)の実はおもしろい形をしていますね。

Blue Cohosh (Caulophyllum thalictorides) Bellwort (Uvularia Perfoliate)



川に出会ったところでまた二つ程私が見ていない物を
見つけてもらいました。

さんざん探してWhite Oak trail で見つからなかった
ピンクのタコさんことRose Twisted-stalk (Streptopus lanceolatus)
実がなっているのも確認できたのこれも来年確実に見られそう。
ソロモンシールに葉や葉の付き方もとても似ているのですが
ソロモンシールは確かにこういう風に二股にはなりませんね。

Rose Twisted-stalk (Streptopus lanceolatus)

Rose Twisted-stalk (Streptopus lanceolatus)


もう一つはTrailing White Monkshood(Aconitum reclinatum )
想像していたのとはずいぶん違う様子でした。
つぼみは極小さいです。
花が開けばそれなりに大きく見えるのでしょうか。

Trailing White Monkshood(Aconitum reclinatum Gray) Trailing White Monkshood(Aconitum reclinatum )


さて今日最大の目標Round-leaved Orchid (Platanthera orbiculata)です。
去年は一株も発見できなかった私達。
今年は花ママさんの探査力のおかげで
良い状態の花を3株も見ることが出来ました。

Round-leaved Orchid (Platanthera orbiculata) Round-leaved Orchid (Platanthera orbiculata) 070630167.jpg


今日は1日、季節の花の盛りだくさんコース
で大変充実していました。
写真のアップに時間かかってお待たせしてしまいました。
花ママさんありがとうございました。

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://applefairy05.blog19.fc2.com/tb.php/309-3f0e4469
    この記事へのトラックバック

    Profile

    アップル

    Author:アップル
    4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
    「Nature Journal」 に変更しました。
    相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
    今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


    アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。