スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Meadowlark Botanical Gardens Park

2007年05月08日 22:55

今日のMeadowlarkの花は
もう一つのBluebell
から始めましょう。

Common Bluebel はイギリス、オランダ、ベルギーなど
ヨーロッパが原産のヒアシンス属の花です。
特にイギリスでは春先に多くの森でこの花のカーペットが広がるそうです。
私の住んでいるヴァージニアのヴァージニアブルーベルの様に
春の訪れを象徴する花になっているようです。

Meadowlarkではオーストリッジファーンの林、ウッドポピーの黄色と合わせて
陰影の深い景色を作っていました。

070508578.jpg  Common Bluebell (Hyacinthoides non-scripta) Common Bluebell (Hyacinthoides non-scripta)


ワスレナグサの青もはっとする輝き。

070508630.jpg 070508525.jpg


原種とは少し違うヴァージニア自生の花を二種。

Moss Phlox (Phlox subulata)、Wild Geranium (Geranium maculatum)
Moss Phlox (Phlox subulata) Wild Geranium (Geranium maculatum)


コロンバインも種類がたくさん
淡い色が好みです。

columbineColumbine Columbine Columbine


Columbine Columbine 070508709.jpg


ちょっと変わったツツジ属の花達。
黄色のアザレアは欲しい一品です。

070508600.jpg 070508612.jpg 070508626.jpg



新緑が美しい池の周り

070508660.jpg 070508655.jpg 070508663.jpg

コメント

  1. alchemilla | URL | -

    ホスタに

    青い花かと思っちゃいましたf(^^;)
    アップルさんに出会う前はブルーベルと言えばこっちを思い浮かべましたが
    今ではブルーベルと言えばメルテンシアの方を思い浮かべますね。
    でも我が家にもこちらのブルーベル、咲いてます(笑)
    アップルさんのお花の写真はもちろん好きなのだけど
    風景の切り取りにいつも感心します。
    なんていうか大地のエナジーみたいな物を感じますよ。

  2. ruby's paw | URL | -

    Common Bluebel

    って、シラー・カンパニュラータに近い感じですね。ブルーベルという同じ名前なのに別物なんて、なんか英語と米語の違い(なんのこっちゃ)みたいで、おもしろいですね~

    黄色系のツツジは私も大好きです。特に山で見かける、淡黄色のヒカゲツツジが気に入ってます。

  3. 0-chan | URL | -

    それそれ。。。

    ウチに植えてあるのはシラー・カンパニュラータですけど
    今やっと気がついたんですが
    やっぱ植える場所がこうでないと 映えないですわ~;;

    で、この場所 アップルさんのオハイオガーデンみたいですね~(*^。^*)
    花一つ一つじゃなくて こういう場所が素敵なんだって事が再認識です。

  4. アップル | URL | 9LpUWCrY

    ホスタにブルーベル

    私もはじめはビックリ!
    でもうまい組合せだと思います。
    >風景の切り取りに
    ホントはもっとお見せしたい風景があるのだけれど
    車を停められるところを見つけるのが時間がかかるので
    ついつい景色は後回しになってしまいます。
    来年は花の写真を控えても
    風景を少し撮っておきたいと思っています。

  5. アップル | URL | 9LpUWCrY

    淡黄色のヒカゲツツジ

    日本にも黄色系のツツジがあったんですね。
    こちらの山に咲くツツジはシベが長いのが特徴で
    このシベが長くて黄色のツツジは園芸種ですが
    原種がアパラチアン山脈のもう少し南の方に自生しています。
    九州は他にもツツジ属の綺麗なのがありますね。
    九州の山のツツジの季節もあこがれなんですけれどね。

  6. アップル | URL | 9LpUWCrY

    シラー・カンパニュラータとイングリッシュブルーベル

    シラー・カンパニュラータ実は学名が
    スキラ属からヒアシンソイデス属に変わっているのですが
    流通名はそのままの様です。
    だいたいシラーと言っておきながら学名は平気でスキラ属という統一性のなさ!

    で整理すると
    シラー・カンパニュラータ(Scilla campanulata)→現在の学名Hyacinthoides hispanica→英名Spanish Bluebell、Wood Hyacinth

    イングリッシュ・ブルーベル→現在の学名 Hyacinthoides non-scripta→英名Common Bluebell、English Bluebell

    て事になりますが日本ではまだHyacinthoides non-scripta は
    入ってきていないようです。
    イングリッシュ・ブルーベルとして出回っている物は
    Hyacinthoides non-scripta とHyacinthoides hispanicaを掛け合わせたものだそうです。

    シラー・カンパニュラータはかわいい色もあって
    花壇でもそれなりに映えるような気がしますが、
    イングリッシュブルーベルは
    森の中に咲いているような感じが一番似合っていますね。

  7. 0-chan | URL | -

    早速園芸ノートにメモりましたワ♪

    蓼科にあるバラクライングリッシュガーデンにalchemillaさんと見に行った時
    かなり 私の脳内E.ブルーベルに近い感じで咲いてたんですが
    あれも少し違ってたってことですね~^_^;
    ウチのシラーカンパニュラータは イメージが全然違ってたので、
    ちょっとスカスカのヒヤシンス的なものとして見てたんですが(笑;)
    属がそうなら 悪くはなかったですね(^^ゞ

    秋に植え変えをしたんですが、今その残骸の小さな球根から
    いっぱい細い葉っぱが出てきています;
    林床に植えてたらどんどん増えていくのがわかるような気がします(~_~;)

  8. alchemilla | URL | -

    なるほど

    それでは私がブルーベルと思って植えたものは園芸種って事に成りますね。
    いつまでも庭で元気にブルーベルと似たような印象さえあれば良いのですが。
    で、0-chan
    バラクラ辺りはイギリスから本物を取寄せてるかもよ^^;

  9. かぷちーの | URL | rIG/kuhY

    アップルさん、ご無沙汰しています。
    コメントしそびれている間に、どんどん記事が増えていって、まぁお花達がいっぱいで素敵~なんて見惚れていたら、すっかりまたコメントしそびれてしまって・・・・。
    Moss Phlox、ブルーが綺麗でお花の形もいいなぁって思ってみていました。
    右側の光りに透けた花が、なんともまた綺麗ですね~(*^^*)

    写真を撮りながらスケッチをして、
    これだけの写真を整理してブログに載せるのも、
    本当にとても大変なことと思います。
    見せて下さってありがとうございます。
    どうもこの時間、画像表示がとても遅いのにイライラするのと
    画像エラーが出てしまうのも多くて
    (多分サーバーのせいだと思います)、
    また時間を改めて、お邪魔させていただきますね。

  10. アップル | URL | 9LpUWCrY

    0-chanさん、 alchemillaさん

    この花壇に植えてあるイングリッシュブルーベルも
    たぶん園芸種なのではないかと思います。
    写真と説明書きでは原種はステムがしなやかにうなだれて花が咲くようです。
    ここのは大きさも立派だしやけにがっちりした体型でした。
    やはり原種を見る旅に出たいですね~。

  11. アップル | URL | 9LpUWCrY

    かぷちーのさん

    コメントなんか気にせずに
    花をたくさん眺めていって下さいね。

    絵を描くことを始めたら花探しと写真の方は
    少し控えめにしようと思っていたのですが
    この時期に写真を撮ることは止められないから
    忙しくてもしかたないですね。
    これで庭があったら死んでますわ!

  12. P Sieboldii | URL | O6gwY/GE

    Re: Meadowlark Botanical Gardens Park

    Non-scriptaとhispanicaの見分け方として以下の方法があるようです.このNativeは英国原産のこと.

    Here are some tips to help you find out whether your bluebells are natives or not.

    .Pollen colour
    The easiest way to tell the difference between native and non-native bluebells is to look at the colour of the pollen.

    If it is creamy-white then the bluebell is a native. If it is any other colour, such as pale green or blue, then it is definitely not native.

    ちなみに庭のhispanicaの花粉の色は青みがかっていました.

    When the pollen is shed, the empty anther can be a pale cream colour, so make sure you look at the most recently opened flowers at the top of the spike, to find the true colour of the pollen.

    Other methods
    There are several other ways of distinguishing between native and non-native bluebells. If you have a native then you should be able to answer yes to these questions:

    1.Do the flowers have a strong sweet smell?
    2.Are the flowers narrowly tubular with the petals strongly recurved?
    3.Is the flower spike nodding at the tip?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://applefairy05.blog19.fc2.com/tb.php/287-e3c2f3db
この記事へのトラックバック

Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。