スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Snyder'sLanding/Billy GoatB&C

2007年03月25日 20:38


最高気温19℃ 最低気温5℃

ここ数日の暖かさでぐんと成長しているのではないかと期待して
花ママさんと花探索です
Snyder'sLandingの駐車場から上流に少し歩いて
こんな風な谷に入り込んで春の花を探してきました。
花ママさんは克明に花の場所を記憶している達人です。
今回は私のために場所を伝授するために一緒に歩いてくれたのでした。

070325818b6.jpg



今日の一番のお目当てはRound lobed Hepatica (Hepatica nobilis)
ちっこいけれどきらりと光る花びらを広げたばかりの花達。
色違いですが全部同じ品種です。

ヘパチカはたっぷりの水と水はけの良い場所が好みなので
たいていこんな風な斜面に咲いています。
おかげで岩にしがみつきながら片手で撮影なんて羽目にもなります^^;

Roundlobed Hepatica (Hepatica nobilis)


日本のミスミソウもそうですがこの色の個体差がこの花の魅力のひとつです。

Round lobed Hepatica (Hepatica americana Round lobed Hepatica (Hepatica americana) Round lobed Hepatica (Hepatica americana)


白の花が一番おおかったようです。
葉っぱは去年からのものが残っています。
花後に立派な若葉が出てきて夏中茂っていますので
他のスプリングエフェメラルとはちょと違います。

Round lobed Hepatica (Hepatica americana) Round lobed Hepatica (Hepatica americana) Round lobed Hepatica (Hepatica americana)


もう一つ大切な捜し物はこれ!
この谷にTwin Leaf (Jeffersonia diphylla)の大群落が
春の一瞬だけ現れるのだそうです。
花ママさん達は花の終わった後の葉の群落を見つけて
次の年に度々花をチェックしに来たそうです。
今年も芽が出始めているのを確認できました。
ツインリーフやブラッドワートは出始めてから花が咲くまであっと言う間の出来事で
気が付いた時には花はもう散ってしまっていると言うことが多いのです。
さてあとどのくらいで咲くのでしょうか?

Twin Leaf (Jeffersonia diphylla)


他にもSlender Toothwort (Cardamine pulcherrima), 左から1.Dutchman’s Breeches (Dicentra cucullaria),2.Shooting Star (Dodecatheon meadia),3.Mayapple (Podophyllum peltatum)などの芽が出始めていました。

 Yellow Corydalis (Corydalis lutea) Shooting Star (Dodecatheon meadia) Mayapple (Podophyllum peltatum)


教えていただいた場所を頭にしっかりたたき込んで
(ホントに大丈夫かねっ?aicon364.gif

おなじみのBilly Goat に帰り道によることにしました。
Billy Goat BにもTwin Leafの咲く斜面を確認しているので
そちらの出具合をチェックですb-ganba.gif
Billy Goatよりも北にあるSnyder'sLandingで芽が出ていたのだから
こちらはひょっとすると蕾ぐらいは見られるのではないかと期待しましたが
まだひとつの芽さえも出ていませんでした。

ウ~ム野草の咲くタイミングはホントに一筋縄ではいきません。
同じ丘でもちょっと場所が変わると温度が変わり日照条件が変わり、
咲くタイミングがまるで変わってしまうのです。
そこがまた魅力でもあるのです。
花屋さんに並んでいる花のように簡単には会うことができない
気むずかしいお嬢さん達です。
会いたければ何度でも足を運ぶしかありません。
そんな子達を追いかけていると
咲いている花よりもつぼみの方が美しく、
やっとこさ頭をもたげた赤ちゃんが愛らしく思えてきます。

さてBilly Goat はCの駐車場に止めてBへと歩いたのですが
Towpass から ポトマック川沿いの道の間の林は歩きやすく、
花を探そうと思ったらトレイルに沿ってではなくてもどこでも歩けるような場所です。
ここで案内していただいたのは
1.Early Saxifrage (Saxifraga virginiensis)の小径に
2.Slender Toothwort (Cardamine pulcherrima)が一番に咲く丘。
3.Cut-leaved Toothwortはいろんなところで咲き始めていました。

Early Saxifrage (Saxifraga virginiensis) Slender Toothwort (Cardamine pulcherrima) Cut-leaved Toothwort


そろそろ陽も弱くなってきたので
花歩きを終えてneko.gif 達の待つ家に帰りました。
花ママさん色々教えていただいてありがとうございました。
あと残りわずかがんばりましょう!

コメント

  1. うさぎ | URL | 9wIXYclI

    かなりの広さですねっ。
    真ん中に居るのはお友達?
    文章を読んでいると気が急いてくるような。。
    自然の営みは凄いです。

  2. alchemilla | URL | -

    花ママさんに

    シッカリ伝授してもらってね~(^_^)/~
    かなり足場の悪そうな所でも撮影してるようですが
    頑張っていっぱい撮ってネ~(←人事^m^)

  3. 0-chan | URL | -

    なんなんだろう~~

    ウチの近くにも こんな林があるにはあるけど
    目ぼしい花なんか 全然咲いていません;;
    やっぱ 昔から採ってしまうクセが日本人にはあるからでしょうか~x

    それにしても 土手に咲くミスミソウは 
    ほんとにその場所にあるのがピッタリの花ですねえ~
    落ち葉の堆積層が深いからか ステムも長くてやさしげです。

    で、ツインリーフは 教えてもらわないと絶対わかんないですね~(笑;)
    アップルさんがプロの写真家だったら すぐ横でシュラフで寝泊りするんでしょうけど;
    今は その出会いの偶然を楽しむ ってことでしょうか(~_~;)
    とはいえ 元気だったら再訪して 見せてねえ~~♪

  4. アップル | URL | 9LpUWCrY

    うさぎさん

    こんな形状の林がカナル沿いに続いているのですが
    花がたくさん咲く場所もあれば
    大して咲かない場所もあります。
    私たちにはその違いって分からないのですが
    花達は好みの場所を選んでいるようです。

  5. アップル | URL | 9LpUWCrY

    alchemillaさん

    >かなり足場の悪そうな所
    去年私が勘違いして登った場所に比べれば
    ここは穏やかな歩きやすい場所です。
    どうも崖を見ると登りたくなる悪い癖があるみたいです。

  6. アップル | URL | 9LpUWCrY

    0-chan さん

    >目ぼしい花なんか 全然咲いていません;
    それでも見る人が見る不思議と見つかるのよね。
    きっと達人が探せばそのあたりにも有るんだと思うな~。
    >教えてもらわないと絶対わかんないですね~(笑;)
    ヴァージニアに来て花ママさん達のおかげで
    自分一人では一生かかってもあえない花に
    会うことが出来ました。
    人も花も出会いですわ~。
    で、私一人で再訪して
    教えてもらっていたのに見つけられないところでした。
    ヘパチカの方はまるで見つからなかったし、、、、

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://applefairy05.blog19.fc2.com/tb.php/260-2b81fb08
この記事へのトラックバック

Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。