スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C&O Canal 13/Dargan Bend~Ferry Hill

2007年03月11日 20:24

きょうも花ママさんと待ち合わせて距離を稼ぎます。
待ち合わせは最終目的地のFerry Hill 近くのCanal Road 沿いのパーキング。
今日は夏時間が始まったので寝る時間を1時間損した感じです。
昨日のうちに時計を総て1時間進めてあります。
Canal Road をうちの車で下流にたどり出発地点の
Dargan Bend に到着。
前回のDargan Bendまでの道のりは鳥が少なかったわ~と言うと
花ママさんは昨日一通りの鳥を見られたそうな。
う~むやはり集中力の違いか?
なんと私が見たかったAmerican Wigeonも出たとか?
今日はクマさんと花ママさんと3人の目があるので
鳥さんに期待しましょう。

歩き始めてまもなく目についたのは岩壁に作られた炉のような物です。
この辺りにはLimekiln Rd と言う名前の道があります。
調べてみたら昔使われていたLimekiln(消石灰を作る炉)でした。

070311919b6.jpg


歩き始めて暫くは静かでしたが
そのうち上流から水鳥たちが流れてきます。
ちょっと遠いけれど目をこらすとまずはCommon Merganser の番が数組。
良く見ていると他にも色々な種類が入り交じり現れてくれます。
それがみなさんもちろんじっとしていなくて
いきなりぽこっと潜ってくれるので同定するのが難しい!

さんざん立ち止まり図鑑を眺めていっこうに前に進まないこと。
前回良く見た Fooded Merganserもいるし
なにやら頭がぼさぼさで胸があかいのは Red-breasted Merganserですよ。
いるんですねこんなところに海アイサが。
ひょっとするともうカナダへの渡りを始めているのかもしれませんね。
白く頬が抜けているように見えるのはBufflehead かCommon Goldeneyeaか?
潜っては姿を消し、下流の方に流されては又上流に飛んで戻ってと
遊んでいるように見えるのはCommon Goldeneyeaですね。
これもはっきり確かめたのは始めて~~。
それに手前にいる大きなクチバシの持ち主はNortern Shoveler のオスじゃありませんか。
あの額が白いのはAmerican Wigeonに間違いないですよ。
そんなことを言っている足元から飛び立ったのは
飛翔パターンからするとAmerican Blackduck のようです。
ここでは不思議と普通のMallardがいなかったですね。

Moutain Lock もワイルドフラワーのポイントです。
ここには来たことがないので花ママさんにどの辺を探せばよいのか教えてもらいました。
ここの見どころはBlood Root とHerbingaer-of-spring の群生とのこと。
Antietam Creek Aqueduct にはウォークインキャンプ場があって
昨日の土曜日には子ども達で賑わっていたそうです。

070311933b6.jpg 070311947b6.jpg 070311948b6.jpg



今日見かけたおもしろい形の木々
1.2はシカモア、
3はアメリカンビーチツリー(ブナの木)
070311931b6.jpg 070311961b6.jpg 070311973b6.jpg


ポトマックの側に立っている家は
一階部分が洪水に備えて高床式に立っています。
下は倉庫になっていて住居部分は二階より上になっているようです。
駐車場まで戻って来ると鉄橋をちょうど貨物車が通り過ぎていくところでした。

070311957b6.jpg 070311966b6.jpg



水鳥の他にもBald Eagleが飛んでいくのも見たし
Yellow-rumped WarblerやHermit Thrushも出てきました。
8マイルの行程は一寸疲れたけれど楽しい鳥見になりました。

最後にFerry Hillのトレイルに立ち寄り
少しだけ咲き始めたというヘパチカを確かめに行って今日は散会となりました。
花ママさん、今日も楽しい1日をありがとうございました。
さて来週の花見はどうなるかな?

コメント

  1. あおの ひろ | URL | BVc7MvIA

    Re: C&O Canal 13/Dargan Bend~Ferry Hill

    素晴らしい木ですね~
    いつか、あの異次元への穴のある木の写真とともに貸していただけますか?

  2. アップル | URL | 9LpUWCrY

    ひろさん

    今年はカナル歩きのおかげで
    数え切れないほどのシカモアの木と知り合いになれました。
    たくさん撮り貯めた写真もいつかアルバムにまとめてみたいのですが
    今の所毎日のBLOG で精一杯!
    写真はご自由にお使い下さい。
    もう少し高画質がいるようでしたらお送りします。
    どんなお話ができるのかしら?

  3. あおの ひろ | URL | BVc7MvIA

    Re: C&O Canal 13/Dargan Bend~Ferry Hill

    ありがとうございます
    またメールでご連絡させて頂きたいと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://applefairy05.blog19.fc2.com/tb.php/255-9215d901
この記事へのトラックバック

Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。