スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Brookside Garden (MD)

2007年03月10日 01:05

春の公園に一番に顔を出すのは
スプリング・エフェメラルと呼ばれる
春の林床を彩る花達です。
今日咲いていたのはみんな地中海沿岸生まれの球根花でしたね。
エランシス(黄花セツブンソウ)、ドワーフアイリス、房咲きスイセン(温室内)

070308418cb6.jpg 070308421b6.jpg 070308463b6.jpg



スプリング・エフェメラル(Spring ephemeral) 
落葉樹林の林床で生活する植物たちには
光りを十分使える春先に花を咲かせ、
夏の間までに光合成を行って十分に栄養素を球根や地下茎種などに蓄えて、
夏には地上から姿を消してしまうものが多くあります。
このような植物の一群をスプリング・エフェメラルと呼びます。
日本語では良い言葉が無く春植物などとも言われますが
スプリング・エフェメラルと言った方が
みなさんもぴったりと来ることでしょう。
ephemeralとは短命なとか儚いとかいう意味です。

私達が馴染みのある春の球根花は
ほとんどが地中海沿岸が生まれ故郷で
古くからヨーロッパに紹介され様々に改良されてきた植物たちです。
チューリップ、ヒアシンス、ナルシス、アイリス、クロッカス等々、
春の花壇は遠く地中海地方から来た花達がいなかったら随分淋しいものですよね。

もちろん日本にも自生のスプリング・エフェメラルたちが住んでいます。
カタクリ、セツブンソウ、フクジュソウ、アズマイチゲなどなどです。

さて来週からは暖かくなりそうな、
まずはRound-lobed Hepattica (ミスミソウの仲間)探しから始まります。

コメント

  1. かぷちーの | URL | rIG/kuhY

    Re: Brookside Garden (MD)

    スプリング・エフェメラル
    その言葉の響きが大好きです♪

    まもなく私の住む辺りでは
    カタクリの開花が始まります。
    すでに開花が始まっているところもあって
    今月末には見頃になるみたいです。
    大事に大事に自生地を守っておられる方々のおかげで、今年もステキなお花たちに出会えそうです。
    西洋から渡ってきた植物たちも好きですが
    日本自生のスプリング・エフェメラルたちに
    なぜかとっても心惹かれています。

  2. アップル | URL | 9LpUWCrY

    かぷちーのさん

    カタクリの開花は待ち遠しいですね。
    私が以前住んでいた街にも
    ちょっとした隠れ群生地がありました。
    今も守られているのだろうかと気になりますね。
    今週はいよいよ気温が上がってきたので
    あちこちスプリング・エフェメラルを探しに回る
    忙しい日々がやってきます。

  3. alchemilla | URL | -

    Re: Brookside Garden (MD)

    エランシスはこの時期からの開花だったんですね。
    私がそちらにお邪魔した年は暖かかったですし
    4月に入ってからですと花後しか見えなかったのは仕方の無い事ですね。

    さて、これからはスプリング エフェメラルを求めての散策が増えそうですね。
    毎日目を更のようにしてチェックしてますので
    よろしく~♪(笑)

  4. 0-chan | URL | -

    Round-lobed Hepattica (ミスミソウの仲間)探し

    探して探して~~♪(^◇^)

    スプリングエフェメラルの花の可憐さも好きですが
    半分凍った地面を持ち上げるあの芽の底力も 大好きな要因です~

    それと その密かな努力を見つける楽しみもネ!

  5. アップル | URL | 9LpUWCrY

    alchemillaさん

    >私がそちらにお邪魔した年は暖かかったですし
    ちょうど間の悪い時期だったし
    私はまだこのエリアは詳しくなかったし
    もう一回来て欲しいって感じですよ。
    >毎日目を更のようにして
    怖いな~~
    アップは遅れ気味になるかもかも知れません。
    ま、ネットに現れない時は
    歩き回っているって事で了解して下さい。

  6. アップル | URL | 9LpUWCrY

    0-chanさん

    >半分凍った地面を持ち上げる芽の底力も
    ただの華奢な花ではないその生命力があるから
    こんなにも惹かれるのでしょうね。
    毎年のことだのに決して飽きることがありませんものね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://applefairy05.blog19.fc2.com/tb.php/254-4dc84231
この記事へのトラックバック

Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。