スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C&O Canal 11/Brunswick(Lock30)~HarpersFerry(Lock33)

2007年03月03日 12:00

Harpers Ferry Visiter Center で花ママさんと待ち合わせ予定が
私のとんでもない勘違い、方向音痴て30分も待たせてしまいました。
ごめんごめんとBrunswickへ私の車で移動し
前の終着点の17号線の橋の下のパーキングスペースは
増水した河の水のために半分程になってしまっていました。
大丈夫かな~と言いながら車をおいてHarpers Ferryへと出発。
歩き始めるとまもなく貨物列車がやってきます。

天気はそれほどよくなく曇りがちですが暖かく
歩きてすぐに上着を脱ぎたくなってきました。
それでビノキュラを車に置いてきてしまったことに気が付きましたが
時間がもったいないのでそのまま行くことに。

070303151b6.jpg 070303152b6.jpg 070303154b6.jpg


最近小鳥の群が少なくなったよね~とか話しながら歩いていると
やっといつものNorthern Cardinal,Tufted Titmouseやら常連さんが出てきてくれてました。
やはりこの辺は下流のワシントンDCに入ったカナル沿いと違い
鳥の種類が増えます。
カナルの方で Belted Kingfisheが何度もキリリと鳴きながら
飛び回ってくれますが羽の綺麗な白のパターンが見えるのに
胸の羽の色が見えなかったので♂か♀かは分かりませんでした。

Lock31は線路沿いに立っていて今までのLock House と違い
赤いペンキが施されていました。
ここでアパラチアントレイルが別れて北上しているというので
ちょっとトレイルを探しに行ってみました。
線路を渡った広場の車道と車道の間の茂みの真ん中に細い道が付いていて
アパラチアントレイルのサインがあります。
どこで高速の340号線を越えているのか確かめに物好きにも少したどってみることにしました。
340号が高架になっているところの下部の斜面を通って抜けていました。

070303172b6.jpg 070303168b6.jpg 070303170.jpg
 

070303173b6.jpg 070303175.jpg



久しぶりのBrown CreeperもHermit Thrushもでたし、
Yellow Bellied Sapsuckerの綺麗な成長の雄の羽もたっぷり見ることができました。

ふわふわと飛んだ羽の下面が白っぽく見えるキツツキは
これまた久しぶりに会うCommon Flicker(Yellow-shafted form)でした。
やっぱり二人で歩くと見られる鳥の数が増えるな~~。
などと話して歩いていると花ママさんがあれっあれっと指さす方を見ると
しっぽの長い焦げ茶の動物が河に降りて行くではありませんか。
形や色からするとカワウソのようです。

ポトマックが見えるところまで来ると水鳥が又ポツポツと見えるようになり
Hooded Mergansersの白い頭が見えます。
ちょっと遠くには BuffleheadsとCanvasbacks もいるらしい。

070303161b6.jpg 070303183.jpg


川幅も広くなり流れが急になって来ると、
やけに大きな倒木やおかしな物が流れてきています。
十年程前の大水の時にカヤックでビリーゴートに乗り出そうとした人が
公園のレインジャーに制止されたという話を花ママさんに聞いていたら
急にカヤックが目の前に現れました。
あまりのタイミングに大笑い!
何と次々とお仲間達が濁流を楽しそうに流れてきます。

070303192b6.jpg 070303197b6.jpg


側で陸に上がってきた人に声をかけたら
今日は最高だね~と嬉しそうにまた上流にカヤックを担いでいきます。
ま~人は色々なことに夢中になるものですね。
彼らは洪水になると血がさわぐのでしょう。

Lock33は岩場を後ろに立っています。
3階建てですが屋根が落ちてしまっています。
ここから鉄橋を渡るとHarpers Ferry の街に戻れます。

070303207b6.jpg 070303214b6.jpg 070303216b6.jpg


Harpers Ferryの街の中は自然の岩をそのまま生かして
建てられた建築物が多いです。

070303222b6.jpg 070303231b6.jpg



アウトフィッターのお店の床は天然の岩盤。
雪解け水が流れていました。

070303228b6.jpg 070303224b6.jpg


コーヒーを飲みに入ったお店。

070303243cb6.jpg 070303242b6.jpg

今日であった鳥たち
Northern Cardinal,Tufted Titmouse,Carolina Chickadee,Eastern Bluebird,
Brown Creeper,White-breasted Nuthatch,White-throated Sparrow,Hermit Thrush
Winter Wren,Carolina Wren ,Red-bellied Woodpecker, Yellow Bellied Sapsucker,
Mallard,Canada Goose,Belted Kingfishe,Hooded Mergansers, Buffleheads,Canvasbacks?
Turky Vulture,

コメント

  1. 0-chan | URL | -

    天然の岩盤

    色々見どころの多いレポートの中で、
    天然の岩盤にひっかかりましたワ(^・^)

    服のショップ?なのに 地面に雪解け水が流れてるのってすごいですね~
    こういう土間っぽいのは とっても憧れるので、
    それが自然のものを利用してるってのは 特にいかしてます♪

    で、カナル端って カワウソもいるんですね
    アメリカって ほんと大地がでかいな~~(-_-)

  2. アップル | URL | 9LpUWCrY

    0-chanさん

    実はこの中には泉がわき出していて水を岩のシンクに貯めて
    流しっぱなしの水道のように使えるようになっています。
    街中が天然の岩盤の中に立っているようなものだから
    階段も岩の削りだしたところがありましたね。
    歴史的に深い意味のある街らしいのですが
    私にはこの岩の使い方が何ともおもしろいです。

    カワウソはちょっと自然の残っている川の側だったら
    そうめずらしくない動物のようです。
    警戒心があまり強くないようです。

  3. alchemilla | URL | -

    Re: C&O Canal 11/Brunswick(Lock30)~HarpersFerry(Lock33)

    読んでいて、画像を見ていて
    なんだかワクワクしてきました。
    楽しいお散歩してますね~(^^)
    コーヒーショップのテラス、居心地良さそ~(*^_^*)

  4. アップル | URL | 9LpUWCrY

    alchemilla さん

    コーヒーショップのテラス、
    まだ寒くてだれも居ませんでしたが
    季候が良くなったらくつろげる場所でしょうね。

    散歩もやはり一人より
    気のあった友達とするのが楽しいですよね。
    気をつけないと大事なもの見落としちゃったりするので要注意ですが
    花ママさんとなら逆に私が気が付かないのも見つけてくれるので
    大助かりです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://applefairy05.blog19.fc2.com/tb.php/250-8ebc917a
この記事へのトラックバック

Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。