スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C&O Canal 9/Carderock~Lock7

2007年02月19日 23:56

今日の行程は今までと逆方向
シーズンによく歩くビリーゴートに戻りセクションCの
Carderockの駐車場から11時に出発です。(ほぼ10マイル地点)

070219406b6.jpg



towpathには出ずにしばらくポトマック川沿いの道を歩きました。
久しぶりに雪の白さで眩しい景色の中を歩くと気持が晴れ晴れしてきます。
簡単な四本ツメのアイゼンもリュックには入れてきたのですが
なんとか滑らすに歩けそうです。

070219410.jpg 070219428b6.jpg 070219421b6.jpg


towpathに出てからの方がかえってツルツルで危ない感じがしましたが
何とジョギングしている人もサイクリングしている人もいました。

495号線(首都環状線)がポトマック河を渡っている橋と交差しているこの辺りには
Lock8~14までのLockが集中していてSeven Locks と言う地名が付いています。

1枚目:Lock14からCarderockを振り返る
2枚目:Lock14から495号線の橋が見えています
3枚目:Lock13からLock14を眺める
4枚目:Lock12は橋桁の下にあります。

ゆっくり暢気な運搬をしていた時代の遺構の上を
あわただしくたくさんの車が通りすぎていきます。
私も何度もこの橋を渡っていますが
下にこんな物があったなんて気が付きませんでした。

Lock14 Lock13 Lock13から14を見る Lock12



Lockのナンバーを示す立て札とマイル表示は必ず設置されています。
ここには古いマイルストーンが残っていました。

070219459.jpg 070219463.jpg Lock11近くのマイルストーン



Lock11のLockhouse この辺りからカナルの水面が完全凍結していました。

Lock11(mile9) Lock11 Lock11を振り返って


Lock11からはすぐにLock10が見えてきます。
2年前の春にここを訪れたのを覚えています。
木が茂っていて随分暗くひっそりとした感じで
あまり一人では歩きたくない雰囲気でした。
今日はうって変わって雪のせいでぐんと明るく楽しげな雰囲気です。
この辺でやっと鳥たちが見えて来ました。
カナル上流では珍しいアメリカンロビンや外来種のハウスフィンチが
春のさえずりを始めています。
Carolina Chickadee のさえずりもピッチが上がって
動きも速くなっています。


Lock10,Lockhouse Lock10,Lockhouse 070219481.jpg



Lock8でお昼を食べて先に急ぎます。
今日は雪で足元が滑りやすいのでやはり歩くスピードが出ていません。
8から7にかけてはカナルの水は完全に氷り
スケートを楽しむ人があちらこちらに。
花ママさんが歩かれた昨日は
ポトマック河でスケートする人達も居たというのですから驚きです。
今日はさすがにポトマックには流れが戻ってきており
だれもいませんでした。

Lock9,Parking 070219507b6.jpg 070219513b6.jpg



きょうはこのLock7でアイスホッケーのゲームに興じる
子ども達の笑い声を後にして引き返すことにしました。

Lock7 070219521b6.jpg 070219515b6.jpg



帰り道は来た時よりも氷がゆるみ雪が溶けて
小さな流れ込みがあちこちでできています。
そんな流れにできた水たまりで
Song sparrow が楽しそうに水浴びしていていたり
Great Blue Heron が魚を狙って首を伸ばしているのを横目に
又ツルツルになってきたtowpathをせっせっと歩き4時に車に到着!
今日は何と6マイルに5時間もかかっていました。
は~~身体がなんか固まっちゃった感じです。

070219551.jpg 070219569b6.jpg

今日出会った鳥たち

Red-bellied Woodpecker♂,Northern Cardinal,
American Robin,House Finch♂,European starling
Tufted Titmouse,Carolina Chickadee,White-breasted Nuthatch
White-throated Sparrow,song sparrow,Winter Wren,Carolina Wren
Belted Kingfisher♂、Great Blue Heron,
Mallard,Canada Goose,Ring-billed Gull,Black Vulture


今日歩いたエリアのマップ

2.CO-7Locks.jpg

コメント

  1. 0-chan | URL | -

    いつまでも雪景色で、

    なかなか手ごわい寒波が残ってるんですね~
    それとも ここら辺はもともとこんな気候なんですか??

    それにしても 川が結氷してるとさっさとホッケーをして遊ぶ人たち・・・
    さすが アイスホッケーがメジャーなプロスポーツであるアメリカ!
    って感じがしましたわ~(^・^)

    Great Blue Heron って こうして見ると首がうまく折りたためて
    全体がラクビーボールのようにまとまるんですねえ~!
    やっぱ サギ 好きだわ~♪

  2. アップル | URL | 9LpUWCrY

    今年の寒波

    はこの辺としては異常でしょう。
    それも一回春が来た後の氷りづけですから、
    地元の人間はたまらないのではないかしら?
    オハイオから来た私は妙に元気ですが、、、
    暖かい方が腰には良いのだろうけれど、
    冷たいピシッとした空気が好きなんでしょうね。

    この雪も昨日の暖かさで(11度まで上がりました)
    おおかた溶けたみたいです。

  3. ruby's paw | URL | -

    雪をバックにした

    ハンターらしいアオさんがとっても新鮮です。
    私が見るのは、大抵コンクリート護岸ガチガチの川で、
    それに、ヌボーッと佇んでやる気全くナシの姿ばっかり…

  4. アップル | URL | 9LpUWCrY

    ruby's pawさん

    日本の川はコンクリートで固められて
    死に体になっているところが多いですね。
    こちらでは川は氾濫する物として扱われて
    自然の流れを大事に治水しているところが多くうらやましいです。

    河を自然に戻そうとする動きもあるようですが
    一度失ってしまったものは取り戻すのが大変ですよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://applefairy05.blog19.fc2.com/tb.php/244-bab7761e
この記事へのトラックバック

Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。