スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Manassas National Battlefield Park /Meadowlark Botanical Garden

2006年08月23日 15:49

Manassas National Battlefield Park の Deep cut Trail にこの時期咲く
Scaly Blazing star,Early Goldenrod,Wild Pink bean の
パステルカラーのコンビネーションが見たくて出かけたのですが
ここも花の時期が過ぎてしまったので

Scaly Blazing star (Liatris squarrosa)しか見られませんでした。
Scaly Blazing star (Liatris squarrosa)


その代わりに
Whorled Milkweed (Asclepias verticillata L.)をたくさん見つけました。
何故この時期にこんなに咲いているのか不思議です。
それも森を抜けたところに出てくる原の芝刈り機で刈られた際のあたりで群生しているのです。
前回に来たときにはこのあたりには見かけませんでした。
葉が出始めてから花が咲くまであっという間に大きくなるのでしょうか?

Whorled Milkweed  (Asclepias verticillata L.)



Partridge Pea (Cassia fasciculata)

Partridge Pea (Cassia fasciculata)



他の場所で咲いていた
Early Goldenrod (Solidago juncea)

060823107.jpg



もう一か所寄った Meadowlark Botanical Garden でも
野草の花をいくつか撮してきました

Common Sneeze Weed (Helenium autumnale)

Common Sneeze Weed (Helenium autumnale)



高さ二メートル以上になります。
Wingstem (actinomeris alternifolia)

Wingstem (actinomeris alternifolia)



この花まで日本に園芸種で出かけているらしいです。
名前は青花フジバカマ、そのまんまですね。
英名はMistflower (Eupatorium coelestinum)

Mistflower (Eupatorium coelestinum)



False Dragonhead (Physostegia virginiana)

False Dragonhead (Physostegia virginiana)



Sweetbay (Magnolia virginiana)の赤い実
花は今年Brooksideで見ましたが
自然の中ではなかなか見られない希少種です。

Sweetbay (Magnolia virginiana)


普段はここまで来ないのですが
今日はこのガゼボでちょっとお昼寝をしました。

030823172.jpg

コメント

  1. 0-chan | URL | -

    まだ気温が高くて 野の散策には暑いんでしょうけれど、
    花の種類は確実に秋に変わってきてますネ(^・^)

    False Dragonhead (Physostegia virginiana) は 和名で言うカクトラノヲに似ています。
    ウチもちょこちょこ咲き始めてます♪

    で、その青花フジバカマも今咲き始めたところですが、
    ウチのはこんなにワイルド感がないです・・・
    でも ほんといい花です。

  2. アップル | URL | 9LpUWCrY

    カクトラノオ又はハナトラノオていうのが
    このフォールズドラゴンヘッドのこと何ですわ。
    日本に渡ったのは大正時代と古いようですよ。

    青花フジバカマを 0-chanのところで見てびっくりしましたわ。
    確かにこれこぼれ種で増えているみたいで
    それほど大きな群落ではないですが
    一寸した集団作っているし秋らしい綺麗な色だから
    秋の花として力を入れても良いと思います。

    久しぶりにトラックバックを張っておきました。

  3. あおの ひろ | URL | BVc7MvIA

    おはようございます

    Green Milkweedのアップの写真ありがとうございます
    とてもよくわかりました

    Mistflower はお花もですが名前も素敵ですね
    名前の付け方にも文化の違いを感じます

  4. 0-chan | URL | -

    トラックバック ありがとうございました<(_ _)>
    で、野生でも青花フジバカマ いい感じでかたまってるんですネ
    安心しました^_^;
    秋の花 こういう野のものからヒントをもらうと いい感じで集まりそうです。
    来年用にもう少し増やそうかな~(^◇^)

  5. alchemilla | URL | -

    ここにエントリーされているお花の我が家のソックリさんですが、
    Helenium autumnaleはそのまんま我が家の庭に居るお花のようです。
    ヘレニウムミックスで入ってきた名前知らずのヘレニウムです。

    フジバカマは白を植えていますが
    どうもイマイチ開花まで行けないまま毎年冬になってしまいます。
    なので私は毎年切花用のアゲラタムを毎年種蒔きして植えています。
    まるでEupatorium coelestinumソックリですよ(笑)

  6. アップル | URL | 9LpUWCrY

    ひろさん、
    >名前の付け方 お国柄というのは確かにありますよね。
    日本で植物の名前は生活の中で
    身近な観察の結果ついた名前が多い様な気がします。
    だから地方によっても味のある名前が沢山あるのも
    日本ならではでたのしいです。

    0-chanさん
    >青花フジバカマ
    は去年始めて見た花ですが
    0-chanの撮した花を見て改めてこれは秋の花として
    引き立てると良いな~と始めて気が付きました。
    こちらはこれから咲くものって言うと
    リンドウがありますが、
    0-chanの庭では秋咲きのリンドウは植えていましたっけ?

    alchemillaさん
    写真のHelenium autumnaleは良くある自生種のひとつなので
    たぶん多くの園芸種の親になっている基本種だと思います。
    だからこれが一番強いと思いますよ。

    アゲラタムとミストフラワー
    私も始め見つけたときに庭から逃げ出したアゲラタムかと思って
    まじめに調べなかったぐらいです。
    似ているけれどユーパトリウムという名前通りフジバカマと同じ属で
    アゲラタム属とは違うんですよね。
    ミストフラワーは切り花用のアゲラタムより
    背が低くてより安定感がありますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://applefairy05.blog19.fc2.com/tb.php/188-25694626
この記事へのトラックバック

Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。