スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Shenandoah Skyline Drive 脇

2006年07月20日 16:15

こんなところでスケッチしていました。

060719814b6.jpg


ちょうど開いたばかりのTurks Cap Lily (Lilium superbum)
花が三つでバランスもとても良い株です。

Turks Cup Lily (Lilium superbum)


蝶が入れ替わりでTurks Cap Lily の
密を吸いに来てじゃまをしてくれます。

Turks Cup Lily (Lilium superbum)


原いっぱいに咲いているNodding Wild Onion を見つけました。

060719836.jpg





060719879.jpg


060719845.jpg


去年もこの Yucca (Yucca filamentosa) の花を撮っているのですが
その時にはNodding Wild Onionには気が付きませんでした。

Yucca (Yucca filamentosa)

Yucca (Yucca filamentosa)


帰り際に二か所で見つけたTurks Cap Lily (Lilium superbum)


MP45とMP46の中間地点
倒れてしまっていますが何と12個も花を付けています。

060719897.jpg


Overlook の直ぐそば谷川の斜面

060719912b6.jpg



道路脇を歩きながら食べ物を探していた若いクロクマ。
まるで人のことを気にしていません。

060719828.jpg




コメント

  1. あおの ひろ | URL | BVc7MvIA

    こんばんわ~
    素敵なところでスケッチされているんですね
    羨ましい・・・
    百合の花の群生がみごとですね
    蝶もくっきりとした模様で美しいです
    Yuccaのお花も好みです(笑)

    クマに遭遇されたんですか
    びっくりです
    人を襲うことはないのでしょうか

  2. 0-chan | URL | -

    キャ~~~!!! 花を見てたら最後に熊が!!
    こんなアップで撮れる状況で 大丈夫なんですかァ??appleさんっ

    でも確かに鼻面が長くて よくアメリカのアニメで見る熊さんの姿ですね~
    びっくりしましたが 見せてくれてありがとうございました(^^ゞ

    で、このオニユリ? すっくりキレイにいっぱい咲いてますね♪
    アメリカ人は球根ほじくって食べたりしないんでしょうか??
    ってか熊さん ほじくって食べたりしないのかな~~
    ウチの近くのスキー場に生える自生のコオニユリの球根は
    殆どイノシシにやられちったみたいです(~_~;)

  3. アップル | URL | 9LpUWCrY

    ひろさん、0-chanさん、こんばんは。

    >素敵なところ
    実はこの写真道路の向こう側から撮しているのです。
    車がびゅんびゅん走っている側で描いていたのでした。
    もっと良い場所もあるのですがここの株が一番今咲きたてで良い状態だったので、
    車には迷惑と思いながら座り込みさせてもらいました。
    もっともほとんど二時間あまり立ったままでしたが。

    このクマは車の中から撮ったものです。
    車に入っている人間を野性動物は不思議と警戒しないものです。
    車から出たらこんなに近くでは絶対に逃げて行きますし、
    もしお互いに気が付かないで
    この距離で遭遇したらかなり危険ですね。
    クマが人間にとって一番危険なのは
    キャンプで食料をテントの中に入れているときです。
    食べ物さえなかったらクマは人間に近づきたいとは思いませんから。
    ですから国立公園内の宿泊施設は
    クマにたいして食べ物に近づかせないように
    かなり気を遣った対策をしています。

  4. alchemilla | URL | -

    >Yucca (Yucca filamentosa)

    このお花、昨年お散歩の途中に頂いたイトラン(Yucca smalliana)に似ていると思ったら近縁種みたいですね。
    っていうか、ユッカだったのが驚きです。
    日本でユッカといえば「青年の木」と呼ばれてる観葉植物を思い浮かべる人が沢山いると思うんです。
    小さい株を頂いたのでお花はまだですが
    来年か再来年が楽しみです。

    熊と人間がその距離で平気でいられるって言うのは
    やはり大陸の懐の深さなのでしょう。
    それだけまだ熊の食べ物が豊かなんでしょうね。

  5. アップル | URL | -

    去年もたぶん同じ話題になったと思うのですけれど
    このYucca filamentosa(糸欄)やYucca gloriosa(アツバキミガヨラン)は
    本州では良く植えられていたので
    ユッカというと青年の木よりは
    糸欄の方を思い浮かべる人の方が多いと思います。
    今は余り人気がないので
    お庭に植えている人は少ないと思います。
    私が青年の木は知らないのは出回ったころにはもう日本にいなかったのかな?
    正確な学名はYucca filamentosa ssp. smallianaなので亜種と言うことでしょう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://applefairy05.blog19.fc2.com/tb.php/183-a4fae74b
この記事へのトラックバック

Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。