スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Huntley Meadow

2006年06月13日 20:29

Swamp Rose (R.palustris) が咲き始めると
ちょっと湿原が華やかになります。

060613656b6.jpg


Swamp Rose (R.palustris)

060613626.jpg



ここでなぜかいままで Great Egret を見たことがありませんでした。
今日は6~7羽ほどが小魚を捕っていました。

060613590b6.jpg



去年はMarsh Milkweed だと思いこんでいましたが
夏に他の場所でMarsh Milkweedを見つけて
やっとこれは違う種類だと気が付いた
Red Milkweed (Asclepias incarnata)

Purple Milkweed (A.purpurascens)


Purple Milkweed の葉の形は先が細まった卵形で
主脈からほぼ直角に側脈が出ています。
花の色は紫がかった濃紅色ですが
Marsh Milkweed での葉はほっそりとしていて
主脈と側脈の付き方は鋭角になり、
花の色も淡いピンクになります。

Purple Milkweed (A.purpurascens)



去年は数株を木道の側で見ただけでしたが
木道近くの湿地が乾いた場所に
かなり大きな Red Milkweed (Asclepias incarnata) と
Indian Hempの群落を見つけました。

Indian Hemp (Apocynum cannabinum)


ここには一株だけHyssop Skullcap (Scutellaria integrifolia)が咲いていました。

Hyssop Skullcap (Scutellaria integrifolia)


他にもNarrow-leaved Mountain Mint (P.tenuifolium)や
Spoted Touch me not (Impatiens capensis)などの
夏の花が咲き始めています。


Narrow-leaved Mountain Mint (P.tenuifolium)



Spoted Touch me not (Impatiens capensis)




ヤブヘビイチゴ Indian strawberry (Duchesnea indica)
日本から東南アジアにかけて分布しています。
こちらではもちろん帰化植物になります。

Indian strawberry (Duchesnea indica)


ヘビイチゴ属にはヤブヘビイチゴとヘビイチゴの
二種類しかありませんがとても良く似ています。

葉も実もヤブヘビイチゴの方が大きいですが
較べてみないと分からないほどの違いです。
でも実を観察すると違いがはっきりしています。
ヤブヘビイチゴの果実(そう果)にはしわが無く、光沢があり、
ヘビイチゴの果実にはしわがあり、光沢はありません。

痩果と花床
ヘビイチゴ属の花は、
多数の雄しべと多数の雌しべでできています。
一つの雌しべが一つの果実になるので
一つの花にはたくさんの果実ができることになります。
それぞれの果実は乾燥しているので痩果と呼ばれます。
種子のように見えるつぶつぶが果実(そう果)であり、
果実のように大きく見えるものは
花床が大きく発達して果実のようになっているもので
偽果(偽の果実)ということになります。
私達が食べているイチゴもこの花床を食べているのです。

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://applefairy05.blog19.fc2.com/tb.php/168-2f933f98
    この記事へのトラックバック

    Profile

    アップル

    Author:アップル
    4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
    「Nature Journal」 に変更しました。
    相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
    今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


    アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。