スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Snyders Landing、Ferry Hill (C&O Canal)

2006年04月26日 14:34

たまっている宿題をほりだして
C&O Canal の上流側にある野草スポットに行ってきました。

崖を登るのは覚悟していたけれど
その前に踏み後が雨で水たまりになっているのに閉口しましたわ
そんなにひどいヤブではないと聞いていたけれど
十分ひどいヤブと急な崖でした(^_^;)

でも駐車場からさほど距離のないところに
トリリウムが咲いているのにはビックリ。
教えてもらってなければ気が付きませんよね。

Red Trillium (T.electum)

Red Trillium (T.electum)


Red Trillium (T.electum)



たぶん私が登った崖の取り付きが違ったのか
私がドジなだけなのかえらく滑ってどろどろになりました。
それでもツインリーフの葉っぱはたくさん確認できたし

Twin Leaf (Jeffersonia diphylla)



コロンバインも咲き始めていました。
コロンバインが咲いて 古いフェンスの辺りに咲いていた
Rock Cress 二種は初見です。

Hairy Rock Cress (Arabis hirsuta)




Smooth Rock Cress (Arabis Laevibata)の種

Smooth Rock Cress (Arabis Laevibata)




針金でできた荒い格子のフェンスが壊れたところから
私有地らしき中に入らせてもらい右手に上がっていくと
少しは開けた感じになりましたが
お目当てのDwarf Larkspurは見つからず。
取り付いた崖の位置が違うのかなと思い
もうすこし尾根の近くを奥の方へ動くと

Rue Anemoneが群落になっている斜面や

Rue Anemone



May Apple (Caulophyllum Thalictroides)の林を通り抜け、

May Apple (Caulophyllum Thalictroides)


通り抜けにくいヤブになってしまったので
がけを下の方に少し降りてから
崖の中腹の岩だなを平行に歩いてみました。

ずるずると滑りながらもなんとか岩をつかみながら行くと
ヘパチカの葉っぱがたくさん生えているところに出会いました。
ここにこんなにあったのね~。
来年は絶対に咲いたところを見に来るからね。
と言いつつ見事に茂った葉っぱをいくつも撮影。
まるいはっぱがかわいいな~~ 。

Round lobed Hepatica (Hepatica americana) の葉と種
Round lobed Hepatica (Hepatica  americana)



なおも横ばいに歩くとそこから崖を降りるのは難しそうに見えたので
もう一度尾根の上に出てみてMay Appleの林に戻り
前に来た上の道ではなくて下手にに降りて見ると
最初に崖に取り付いた時に見事滑った土の露出した場所に出てきました。

なんとか迷子にならずに元の位置に戻れたようです。

いただいたディレクションを読み返してみると
な~~んか違うところで花を見ていたような気がしてきました。
今週末に参加申し込みしてあった
Snyders Landingのフラワーウォーキングに行けば
もうすこし分かるのでしょうけれど
この辺りの花はもうほとんど見るべきものが無くなってしまうようなので、
今回はキャンセルすることにしました。

車に戻りサンドイッチをパク付き
次の目的地 Ferry Hillに向かいました。

ここもことしの春に来ているのですが、
しまっているビジターセンターを当てにしてきたので
花パパさんが書かれたここのトレイルの説明を忘れていて
他の場所を歩いてしまいました。
建物のすぐ裏側にトレイルがあるのを何故気が付かなかったのでしょう?

とても分かりやすい道を降りていくとすぐに
Shooting Star (Dodecatheon mealia) が道ばたに咲いているのが見つかりました。
周りを見回すとけっこうな群落になっています。
いい条件の光が当たっているきれいな花を探すのは難しいけれど
なんとか数ショットものにして

Shooting Star (Dodecatheon mealia)


崖の下を見下ろすと見事な色のWild Columbine (Aquilegia Canadensis)
がくっきりと見えています。
咲いたばかりなので何て鮮やかな色なんでしょう!

Wild Columbine (Aquilegia Canadensis)


暫くこの岩の上にのっかてコロンバインやシューティングスターを下から堪能してから
Tooth Pase へと続く道を降りていきました。

060425357b6.jpg



中腹あたりにはtoadshade Trillium も
色あせていますがたくさん咲いています。

そのうちにDwarf Larkspur (Delphnium trucorne)もたくさん出てきて
ちょうど良い花盛り!
こんなに大きいDwarf Larkspur は初めてです。
まるでDwarf ではないですね。

Dwarf Larkspur (Delphnium trucorne)



今日はよくよく崖にへばりついている1日でしたが
見たかったお花にも会えて充実したお出かけでした。

花パパさん、Satchanさん、いつもありがとうございま~~す!!

コメント

  1. 0-chan | URL | -

    え?崖登ったの~?! 

    だんだん「探検隊」になってるappleさんがすごいワ(^・^)!
    エンジ色のトリリウム 綺麗ねー


    ところで「生活編」の方が 昨日から見られないんだけど
    なんかいじりました??

  2. 0-chan | URL | -

    ゴメンナサイ(>_<)

    こっち寄ってから また「生活編」覗いてみたら、ちゃんと出ましたっ^_^;

    いちゃもんつけて ごめんなさいっっっっ;

  3. アップル | URL | -

    >え?崖登ったの~?! 
    崖っていたってそう切り立ったものではないし低いんです。
    0-chanさんの庭の裏の崖ほどの高さですよ。
    アップル探検隊に加わりません?

  4. 0-chan | URL | -

    アップル探検隊 参加!(^◇^)!

    なるほどっ その例えを言ってもらうと イメージ出来ました!
    でも ワシワシ登ってく文のあたりでは、迷ってしまわないか心配になって読んでましたが、
    ちゃんと来た道戻るのは さすがエライ!
    山道歩きの鉄則ですから ネ!(笑;)

    で、また今年も出会えたMay appleちゃん♪
    去年マネッ子して アメリカハカックレンを植えてみました。
    今小指ほどの芽が出ています!
    はたして 同じようなカワイイ花が咲いてくれるでしょうか・・・


  5. あおの ひろ | URL | BVc7MvIA

    読ませていただきましたが
    まるでロッククライミングのようですね~
    会いたいお花に出会って写真を撮るのは大変なことだと改めて感じました
    こうしてブログを拝見し 素敵なお花を見せていただける恩恵にあずかり 感謝です

    エンレイソウ どれも素敵ですね
    redの方がかなり明るく感じます
    私も虜になりそうです

  6. alchemilla | URL | -

    今回はシューティングスターを見直しちゃった。

    我が家のズングリむっくりのシューティングスターも林床のような所に植え替えればあんな風に
    スックリと丈を延ばしてくれるかしら?
    それとも品種なのかなぁ・・・・

    もともとどんな所に咲いてるの?

  7. アップル | URL | -

    0-chan さん
    >May appleちゃん♪
    たぶん一年目は花咲かないのではないかな~~ ?
    とても優良な大株ならば咲くかもしれませんが、
    自然の中でも花が付くのは
    条件の良いところに生えている、
    年数がたって成熟した株だけです。
    夏は木陰がもちろん必至ですが
    春はかなり日当たりが良いところが好みです。

    ひろ さん
    >ロッククライミング
    花ママさんにお会いしたので確認したら
    やはり私は違うところを
    よじ登っていたようです(^_^;)たはは、
    たぶん本当の道はもうすこしましだったのでしょう。
    >redの方がかなり明るく感じます
    Purple Trillium と呼ばれることもあって
    地方に寄って色も差があるようですし、
    光の当たり方によってもずいぶん違って見えます。
    表面の光沢がちょっと独特な感じがします。

    alchemillaさん

    >シューティングスター
    シューティングスターも自生地がいくつかあるから
    品種が違うのかもしれません。
    モンタナの山の方で見たシューティングスターは
    とても背が低くてびっしり敷き詰めるように
    咲いていました。
    雪解けの後の丘に現れて木などはまるで生えていないところでした。
    高い山で一年中冷涼な気候なので日陰が無くても大丈夫なのでしょうね。
    このシューティングスターは明るい林を好んで、
    土壌はやや石灰岩質の地方に咲くようです。
    ここで一緒に咲いていたDwarf Larkspurも同じく石灰岩質を好むそうです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://applefairy05.blog19.fc2.com/tb.php/147-e9ba0f91
この記事へのトラックバック

Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。