スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Billy Goat Trail B&C

2006年04月01日 08:00

昨日見たTwinleaf をもう一度見たくて
クマさんとBilly Goat Trail へと出かけました。

今日は昨日と反対のコースを取って
Trout Lillyから
一段とくるっとカールしてかわいらしく咲いています。
Trout Lillyには葯の色が違うものがあります。
どういう分けで違うのか知りませんが
真っ赤な葯と黄色の葯がいつも見つかります。

Trout Lilly (E.americanum)



Trout Lilly (E.americanum)




Twinleaf は昨日見つけた側と反対側にも沢山あったんだわ~。
でもなかなか完全な形で咲いているものが見つかりません。
ちょっと触ると花びらが落っこちてしまうし~
全く撮しにくい花です(=_=;)
花パパさんは見事に完全な花が5~6個もついいている株をSnyders Landingで見つけています。
うらやましい~~。

Twin Leaf


Twinleafの側で Star of Bethlehem も咲いていました。
これは去Lock 10辺りで群棲しているのを見つけて
はっきり名前が分からなかったもの。
咲いているところを見るとやはりStar of Bethlehemに見えます。
庭から逃げ出した球根植物でヨーロッパ原産です。
Star of Bethlehem - Ornithogalum umbellatum


もう一つこの時期にたくさん見かける帰化植物にGarlic Mustard があります。
白い花で可愛いのですが、広くはびこるので自生種には迷惑な植物です。

Garlic Mustard


次に歩いた セクションCでは一番最初の駐車場奥から
ポトマックリバー河畔に降りて前回歩いたのとは反対に下流側に行きました。
もう夕方の光になってきていましたが
この辺りはWIld Blue Phloxがすばらしく
色の違うものもたくさん見つかりました。
去年は余り群棲しているところは見つからなかったので
ここで色変わりのものまで見られて嬉しいです。

WIld Blue Phlox


WIld Blue Phlox



WIld Blue Phlox



WIld Blue Phlox




この辺りにはGolden Ragwortもたくさん咲いていました。

Golden Ragwort



もちろん Bluebells もあちこちで満開、
Blue Phloxと競っていました。

060401080b6.jpg



060401142b6.jpg



060401156b6.jpg

コメント

  1. alchemilla | URL | -

    ブルーベルとデバリカータが競演してるだなんて
    なんて、なんて素敵なんでしょ♪
    しかもフロックスの色の多さ!
    歩いていても発見が楽しいでしょうね。

  2. アップル | URL | -

    alchemillaさん、
    ここは絶対に気にいると思うわ。
    デバリカータの色には感激しました。
    夕陽が差し込んでちょっとメロウになっていましたし。

  3. kimidiriina | URL | -

    事後報告

    あまりにデバリカータの花がキレイなので
    パソコンの壁紙に いただきました<(_ _)>(^・^)

    で、上の Star of Bethlehemって、
    日本に『ベツレヘムの星』っていう名前で、
    オーニソガラム・ウンベラータムってのが売られてますが、
    全然趣が違うのよね~~~!!
    appleさんが見つけた子の方が 何百倍も可愛いワ(*^。^*)
    またチェック項目が1つ増えました♪

  4. アップル | URL | -

    >パソコンの壁紙に 
    毎度ありがとうござ~い
    言ってくれればもっと高い画素数の絵を送るわよ。
    何ならディバリカータ、セットで送ろうか?
    1日200枚前後撮っていますからね~~似たような構図沢山あるのよ。

    >オーニソガラム
    なんかめちゃくちゃ種類が多いらしいです。
    原産地も一か所でないみたいなので
    まるで雰囲気の違う花が同じオーソニガラムの名前で出回っているようですよ。
    オーソニガラムは属の学名です。
    私もまだこれと同じ様子のオーソニガラムを見つけていないので今一自信がないのです。
    ひょっとすると自生の花というか可能性もありです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://applefairy05.blog19.fc2.com/tb.php/133-9bcacc51
この記事へのトラックバック

Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。