スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Shenandoah National Park

2008年04月27日 20:17

今日は曇りがちの天気と言うことで出てきたのですけれど
山に近くなってくると雨が降り出しました。
先ずはビジターセンターによって
細かく別れているネーチャートレイル簡略地図を全行程もらえるように交渉。
(全部持っていたのを無くしてしまったため)

まずは Pale Corydalis の花芽を確認するべく
Compton Peak のトレイルを雨の中歩き始めました。
雨と言っても霧の中を歩いていくような状態のなので
木々がふわっと霞み趣のある風景です。

080427035.jpg


ピークも近くなる頃大きな平たい岩が現れ
きょうはYellow Lady's slipper が出てきているのが見られました。

Yellow Lady's slipper (Cypripedium parviflorum)


大きな岩の下には実生の苗がいっぱい
雨宿りをしているように密生しています。
ふかふかの腐葉土と岩に守られてきっと小さい苗が育ちやすい環境なのでしょう。

080427099.jpg


道は平坦になってきてこの辺りはPinxter Flowerの灌木の足元に
Zizia属の黄色の花達がまもなく咲いて賑やかになることでしょう。
去年はすこししか見つけられなかった
Birdsfoot Violetも咲き始めの姿を見られました。感激!
ここで咲き始めているのなら
子犬の楽園はもう満開に違いありません。

Birdsfoot Violet (Viola pedata )


Overlookの岩場が近くなってくると
濡れそぼったPussytoe、Wild pink、Early Saxifrageなど
斜面好みの花が増えてきます。

Wild Pink (Silene caroliniana)


Overlook に降りる道は水の流れがよい岩場で
苔とLive-forever (Sedum telephioides)、Early Saxifrage (Saxifraga virginiensis)
などが密着しています。

080427046.jpg Live-forever (Sedum telephioides) Early Saxifrage (Saxifraga virginiensis)



さて肝心のPale Corydalis (Corydalis sempervirens)ですが
まだ花芽はみつかりませんでした。
今年は去年より花の動きが遅いようです。
早く出ておいで~

Pale Corydalis (Corydalis sempervirens)

 
さてSkyline Driveway に戻り南下、しばらく車を走らせます。
霧の中から子犬の楽園を探し出すのは結構大変でした。
ムラサキの花がパラパラと見えてきたところで
すぐにパーキングできるところがあるからと言ったもののあれ??
なかなか無いな~~???
数十メートル先にいつも止めているところが見つかりましたが
子犬の楽園は私が知っていたよりずっと長い距離だったのだと分かりました。
去年ももう手前の群落が終わってしまってから来てたのですね~~。

でことしはたっぷりの花が見られましたが
雨の中びしょ濡れの子犬たちです。

Birdsfoot Violet (Viola pedata ) 080427161b8.jpg


Birdsfoot Violet (Viola pedata ) 080427139.jpg 080427152b8.jpg


今日は雨降りでも満足のいく山歩きになって
思わぬ時間を取りました。
レストランに着いたのは二時過ぎ。

午後はLittle Stoney Man の取り付き当たりをうろつき
Canadian white violet (Viola canadensis L.) の蕾も出てきているのを確かめ、

080427169.jpg 080427207.jpg 080427199.jpg


なかなか見られなかったPurple Clematis (Clematis occidentalis)の花を見つけて
写真を撮れたので今日は引き上げることにしました。

Clematis occidentalis (Hornem.) DCpurple clematis, western blue virgin's-bower Purple Clematis (Clematis occidentalis) Purple Clematis (Clematis occidentalis)


スポンサーサイト

Sugarloaf Mountain Park

2008年04月26日 20:07

Sugarloaf Mountain の展望台へ行く道は一方通行で
途中見事なツツジの植え込みがあります。
ちょうど咲き始めでした。

080426921.jpg 080426897b8.jpg



たたずまいが美瑛に似ていると言われた山からの眺めも
今日の高湿度出見通しが悪いです。
Sugarloaf Mountainには東側と西側に展望台があるのですが
眺めがよいのはこの東側で良くここに車を停めて
写真を撮ったりお弁当したりしてました。
頂上付近を回るハイキングコースもここから出ています。

080426924.jpg 080426925b8.jpg



なだらかな山道を登っていくと
この辺はブルーベリーの木が多くつぼみをたくさん付けています。

080426934.jpg 080426926.jpg 080426927.jpg


頂上には岩場と松の典型的な日本の山のよう。
頂上から降りる方の北斜面はうって変わって
岩場になっていて急斜面です。

080426938.jpg 080426943b8.jpg 080426942.jpg


この岩場はロッククライミングの良い練習場になっています。
下の方には大勢の学生達が指導を受けていました。


080426941.jpg 080426944.jpg


そんなのを眺めながら降りていくと岩場がきれいな林にかわって
林の中に自生種のFlowering Dogwood (Cornus florida)が
ちょうど良く撮影できそうなところで咲いていました。
木は高いけれども倒木が側にあって良い踏み台になっていました。

080426964b9.jpg Flowering Dogwood (Cornus florida) Flowering Dogwood (Cornus florida)


林の中には私の好きなPinxter Flower (RhododePinxter Flowerndron periclymenoides)や
Ovate-leaved Violet などが咲き始めています。

080426983c.jpg Pinxter Flower (RhododePinxter Flowerndron periclymenoides) 080426986.jpg


いつもの野草観察の林道に寄って
Lady's Slipperの株観察.と


出ている株が増えて背も高くなってきています。

Pink Lady's Slipper (Cypripedium acaule)


Dog violet (Viola canina) の花撮影
花がとても小さく淡い色が愛らしい。
根本から伸びている茎だけでなく茎が枝分かれしているのが
この写真で良く分かると思います。

Dog violet (Viola canina) Dog-violet (Viola canina)
 

Mt.Ephraim Rdの帰り道、白い花に気がつき車を停めてもらいました。

080426998.jpg


何とシロヤマブキに見えるのですが、確信なし。
MeadowLark Park でも同じ灌木の花を見ているのですが
黒々とした種が付いていたので山吹の仲間ではないのだろうと思っていました。
どう見てもかってに生えている風情、
これは帰って調べなくてはいけません。

今日は午後から急に天気が崩れると聞いていたので
お弁当を持たずに速攻で帰ることに決めていました。

BullRun Regional Park

2008年04月23日 20:12

二週間前の青く霞んでいたお花畑は
伸びきって乱れた姿になっています。

080423681b9.jpg



光りが林床に届かなくなり葉が地上から姿を消す前に
花達は種を作り大地に落としていきます。
それまであと1ヶ月あまり、もう種は膨らんできていました。
種が熟する頃には春は目覚めの遅い他の植物たちが茂っていることでしょう。

080423694.jpg 080423683.jpg 080423692.jpg


Bluebells のコロニーの回りには
Pale Violet や Common Speadwell などが見られました。

080423703.jpg Common Speedewell

Thompson WMA

2008年04月22日 22:55

ついこの前咲いていたBloodroot はもうすっかりなりを潜め
葉だけになっていました。
交代のようにRue Anemone (Thalictrum thalictroides)が咲き誇っています。

Rue Anemone (Thalictrum thalictroides) Rue Anemone (Thalictrum thalictroides) Rue Anemone (Thalictrum thalictroides)


Large flowered Trillium (Trillium grandiflorum)も小さく白い花ですが
幾輪か咲き始めています。
見応えのある量になるのは来週からでしょう。

Large Flowering Torillium Large Flowering Torillium Large Flowering Torillium

Sugarloaf Mountain Park

2008年04月19日 22:55

春の新緑を写しにメリーランドSugarloaf Mountainへ
花追っかけ三人組が始めて顔合わせしたのも、
Pink Lady' s Slipperを描きに何度も足を運んだのも
なつかしい通い慣れたみちです。
あと何回来られるでしょうか?
この山の中とSugarloaf Mt.Rd , Comus Rd , Mt.Ephraim Rd ,上で撮った写真は数限りないです。
この山を自然保護のために買い上げて一般に公開維持している
Strongholdさんには感謝でいっぱいです。
いつまでもこの自然が残りますように!
080419412b8.jpg 080419415.jpg 080419408b8.jpg


私が住んでいるところよりは幾分か冷涼な気候のため
American Beech (Fagus grandifolia)などの北方系の木が多いです。
Comus Rd に面した牧場に立っているどっしりとしたAmerican Beech。

American Beech (Fagus grandifolia) American Beech (Fagus grandifolia) American Beech (Fagus grandifolia)


ヴァージニアではあまり見かけないライラックの灌木。
この辺りDickerson は風景が美しいのでサイクリングコースとしても人気が高く
サイクルツアーを楽しむ人をよく見かけます。
ヴァージニアではもう満開近いRedbbuds もDogwoodもまだまだ目立ちません。

080419480.jpg 080419475.jpg 080419486.jpg



Field Pussytoes (Antennaria neglecta)
雑草のようにたくましいPussytoesは猫のつま先、かわいいですね~。
こんな道ばたの草地にも生えています。

Field Pussytoes (Antennaria neglecta)  Field Pussytoes (Antennaria neglecta)  Field Pussytoes (Antennaria neglecta) 



Mt.Ephraim Rdを山の中に入りいつものトレイル入口で
Pink Lady' s Slipperの芽を確認。今年もちゃんと出ています。
回りには風で落ちた木の花がいっぱい。

Pink Lady' s Slipper (Cypripedium acaule) Pink Lady's Slipper (Cypripedium acaule)

American Beech (Fagus grandifolia)の冬芽はこんなにツンツンしていますが
春になるとここから葉っぱと花がほぼ同時に出てきます。
まとっていた茶色の皮がふわふわ道にたまっていました。

American Beech (Fagus grandifolia)  080419545.jpg American Beech (Fagus grandifolia) 


帰り道にメリーランドのカナル歩きやSugarloaf Mountainへ行くときには
いつも通っている15号線にかかる鉄橋の下
C&O Canal のPoint of Rocksにやって来ました。
全回ここに止めたのは去年の冬 河が凍っているときでした。


080419573b9.jpg 080419578.jpg 080419581b9.jpg


踏切近くにある田舎の何でも屋さん。
昔に迷い込んでしまったような Rail Road Crossing のサイン。
鉄橋を渡りながら片手でシャッターきりました。
よい子はまねしないでね。

080419588.jpg 080419585.jpg 080419591.jpg

Meadowlark Botanical Garden Park

2008年04月18日 23:37

上品なピンクのFlowering Crabapple。
少々花付きが暑苦しいFlowering Crabapple もこの色ならばすっきりと見えます。
ヴァージニアでは花木としては桜や、Bradford Pearの方がすっと多いですが、
Crabapple もたまに街路樹として植えられています。
オハイオでは圧倒的にFlowering Crabappleが花木として人気がありましたし
野生種も自生していました。

080418065.jpg 080418064c.jpg 080418066.jpg




座れそうなキノコのオブジェ。
Wood Poppy (Stylophorum diphyllum)の黄色が広がっています。
珍しいWhite Redbud (Cercis canadensis) も咲いて。

080418119b9.jpg 080418132b9.jpg 080418135b9.jpg


Canada Anemone (Anemone canadensis) の薄紫色。
オリジナルの白もありました。
Brunnera macrophylla variegata 葉の色が美しい多年草のワスレナグサ。
Spring Fumewort [Corydalis solida]  のピンクは微妙な色が気に入りました。
アメリカ国内では MA, VTに自生しています。

080418157.jpg 080418214.jpg 080418219.jpg


お気に入りの鉄材でできた鹿のオブジェ
毎年すこしずつこういう物が増えてます。

080418237.jpg


キバナホウチャクソウ Disporum flavens
可愛らしいぷっくりした花をたくさん付けてました。
キバナホウチャクソウ Disporum flavens 080418244.jpg


ヴァージニアの自生種植物のエリアは今こんな感じです。
中央にMoss Phlox が咲いています。

080418280.jpg



080418253.jpg 080418262.jpg 080418284.jpg



080418314b8.jpg 080418330.jpg


Shenandoah National Park / Thompson WME

2008年04月17日 23:58

211号線を走ってシェナンドーナショナルパークに入る手前で
Redbbuds ( Cercis canadensis)の撮影ができそうなところで車を停めました。
適度に起伏のある丘の広がりが美しい牧場風景。
新緑とピンクの花の色が引き立っている季節です。

Eastern Redbud Eastern Redbud (Cercis canadensis ) 080417975b9.jpg


まずはいつもの Little Stoney man の駐車場に止めて周辺の植物の様子を見ると、
公園の管理のおじさん達の車がたくさん止まっており
近くでチェーンソーなど廻す音がしきりとして来ます。
そう言えば入口でも道路表面を完全にとって舗装を仕直す工事のため
片道一車線通行になっていました。
まだシーズン前でメンテナンスの時期なんですね。
チェーンソ=の音を後にして北へ向かい
次のピクニックエリアがあるパーキングでお昼にしました。
後はスカイラインドライブをゆっくり走らせて
何か咲いていないかのんびり探索です。
気になる景色があるとまだ交通量もとても少ないので
何処でも止めてしまいます。



080417980.jpg 080417988.jpg 080417005.jpg


白くポツポツ目立つ物があるので近づいてみると
Blood root がたくさん咲いています。
注意してみていると日当たりの良い斜面では
あちらこちらで咲いているようです。
Cutleaf Toothwort (Dentaria laciniata)もここではまだこれから咲く花です。

Blood root Cutleaf Toothwort (Dentaria laciniata) 080417034.jpg


Compton Peak へのトレイルをPale Corydalis (Corydalis sempervirens)の花芽確認目的で歩くと
Early Saxifrage (Saxifraga virginiensis)、 Wild Live forever (Sedam telephioides)、Field Pussytoes (Antennaria neglecta) などのまだ小さな株が見つかります。
Pale Corydalisはまだたった一つしか確認できませんでしたし、花芽はまだ付いていないようです。

Early Saxifrage (Saxifraga virginiensis) Pale Corydalis (Corydalis sempervirens) Field Pussytoes (Antennaria neglecta)


080417036b9.jpg


帰りにトリリウムの確認のため寄ったThompsonでは
思いがけなくBlood-root の咲いたばかりの花達が
散らばっているのを見つけました。
平地で見る花より大ぶりで八重に近い花も時々あります。

080417049.jpg 080417063.jpg 080417060.jpg


Billy Goat Trail B /Marsden

2008年04月16日 23:47

今日も行き先はBilly Goatですが
今年は歩いていないBセクションMarsdenを
運動目的にせっせと歩くことにしました。
緑が日増しに濃くなっていくカナルです。
出発地点はOld Angler's Inn 前の駐車場。


080416812b9.jpg 080416814b9.jpg 080416818b9.jpg



Golden Alexander (Zizia trifoliata)も打ち上げ花火のような黄色の蕾を用意しています。
Violet Wood Sorrel (Oxalis violacea)が思いがけないところにたった一輪だけ咲いていました。
Yellow Trout-Lilyは種ができてふくらんでいます。

Golden Alexander (Zizia trifoliata) 080416838.jpg Yellow Trout-Lily( Erythronium americanum)


080416850b9.jpg



岩場が好きなMoss Phlox (Phlox subulata)は派手に色分けされたロックガーデンの定番品種。
でも自生種には派手さが無く真っ白に紫の点々模様があどけない花です。

080416860.jpg Moss Phlox (Phlox subulata)



Field Chickweed (Cerastium arvense)もMoss Phlox と一緒の岩場に咲いていました。
Chickweed の中までは大きな花びらが華やかに見えます。
花弁の深い切れ込みのため五弁が十弁のように見えることも。

Field Chickweed (Cerastium arvense) Field Chickweed (Cerastium arvense)



Twinleef の坂道を通ってTwopass に戻り車に戻りました。

080416888b9.jpg 080416918b9.jpg

Turky's Run Park

2008年04月15日 20:08

お昼近くに天候が回復しそうなので
サンドイッチを持って出てきました。
今年はまだ歩いてないTurky's Run Park のピクニックベンチ。
このベンチを使うのも初めてです。
小高い丘の上にあって新緑に囲まれ眺めも良く気持ちいいです。

080415698.jpg 080415700b8.jpg 080415701b8.jpg


まわりには Smooth Yellow Violet や Spring Beauty が咲いています。

Spring Beauty (Claytonia virginica) Smooth Yellow Violet (Viola pubescens eriocarpa) 


Tuliptree (Liriodendron tulipifera) の若葉とEastern redbud (Cercis canadensis L.)の組合せも
新緑の季節ならではの色の取り合わせです。
Flowering Dogwood (Cornus florida)はまだ赤ちゃんですが
クリーム色の羽根をぐんぐん広げようとしています。

Eastern redbud (Cercis canadensis L.) Flowering Dogwood (Cornus florida)


種ができはじめているDutchman's Breeches (Dicentra cucullaria) 
Wild ginger (Asarum canadense)も地味だが可愛らしい花を付けています。 

080415744.jpg 080415748.jpg 080415753.jpg


080415772b8.jpg 080415758b8.jpg 080415760b8.jpg


大きな木の根に守られたYellow Trout-Lilyのコロニー
に少しだけ咲き残っていました。

080415776b8.jpg 080415781.jpg 080415762.jpg

Scott's Run Park

2008年04月14日 22:48

メリーランド側のCaardelockを後にして
ヴァージニア側に戻りほぼ対岸に当たるScott's Run Parkです。

ここも見る場所が決まってきてまっすぐに谷に向かいます。

080414615.jpg


ポトマックの河を見下ろすがけの上から
まっすぐに降りていく道をたどり
Yellow Trout Lily の 岩だなにきましたが今年はもう終わった後でした。

例年だと少しこちらの方が遅いのですが
メリーランド側とほぼ同じ時期に咲いていたのですね。

Yellow Trout-Lily( Erythronium americanum) Yellow Trout-Lily( Erythronium americanum) Yellow Trout-Lily( Erythronium americanum)


ここから岩の急斜面を横にトラバースする小径をたどり
Sessile Trilliumのコロニーへ。

この道にはシダが多く生えています。
新しい芽がたくさん出てきていました。

080414624.jpg 080414614.jpg



Sessile Trillium (Trillium sessile)はちょうど見ごろ。
今年は色変わりの花は見つかりませんでした。

Sessile Trillium (Trillium sessile) Sessile Trillium (Trillium sessile) 080414655b6.jpg


Sessile Trillium (Trillium sessile) Sessile Trillium (Trillium sessile) Sessile Trillium (Trillium sessile)

Billy goat trail C/ Caardelock

2008年04月14日 20:41

昨日の曇り空のリベンジのため、
上天気の中再びScott's Run Parkに向かいました。
今日はポイントが分かっているので時間短縮で
Cセクションの数カ所あるパーキングロットの中で
中間にあるブナの林に入っていく場所に車を停めました。

踏み後を便りに林の中に入っていくと
ここにもワイルドリークの柔らかそうな葉がおいでおいでをしていました(*^。^*)
今日はそんな誘惑に負けずに川沿いのトレイルに進みます。
小さな流れ込みがポトマックに注ぐ岩場でトレイルに合流、
すばらしく新緑の綺麗な谷間です。
残念なことに今日は12-24mmの広角レンズを置いてきてしまいました。

080414511.jpg 080414512b9.jpg 080414518b9.jpg


新緑が広がる前の落葉広葉樹林は思いっきり陽気な光りにあふれています。
この辺りはスプリングビューティーが続くだけの平凡な野原ですが
昔ヨーロッパから人が入って来て木を切り倒し開墾し尽くす前までは
東部のこの辺りはどこもかしこもこんな風な平和な風景だったのでしょうね~。
この地域では珍しい黒いGrey Squirrel (Sciurus Carolinensi)が
私の足音を聞き付き逃げていきました。
トレイル脇に倒れている古い倒木。
こうやって少しづつ森に栄養を還元してもう何年もここにいるのでしょう。


080414528b9.jpg 080414523.jpg 080414526b9.jpg


Mayapple と Skunk Cabbage の茂った葉っぱの下を
妖精でも昼寝していないかのぞき込みながら暢気に歩いていくと
流れを渡る小さな木の橋を越えたあたりから
目的の Wild Blue Phlox が茂るあたりまでやってきました。

080414531b6.jpg 080414532b9.jpg 080414582.jpg


でも正午の真上からの強い日射しは光量の調節が難しくて
写真を撮るには良い条件ではありませんでした。
もう少し曇ってくれるといいのにな~~と贅沢なことを言いながら
気持ちは良く、カメラを構えながらも夢うつつ。

080414534b9.jpg 080414551b8.jpg 080414554b9.jpg


080414561.jpg 080414563.jpg 080414571.jpg


こうやって写真を眺めると昨日の曇り空の写真の方がよいですね。
気持は今日のは方が間違いなく良かったのですが


駐車場に戻って今度は Turky's Run Park に
Yellow Trout Lilly のチェックに向かいます。

080414600b9.jpg

Billy goat trail C/ Caardelock

2008年04月13日 20:50

今日の天気は曇りがちやはりですが、
花はちょうど見ごろなのを確認済みのBilly Goat へと向かい
天気が持ったらScott's Run のトラウトリリーも見に行くことにします。

Cadelock の一番奥の駐車場に車を止めて
Bセクションの始まりまでTwopassを歩き川沿いの道にでました。
ここでは道の両脇と川沿いに降りたところをC側に向かった左手の土手に
Twinleaf がコロニーを作っています。
二日に来たときに見つからなかったのであきらめていたのですが
何と今日は葉っぱがわさわさ茂っていました。
草が茂っているので小さな芽は見つけられないので
もう一度確認に来るべきでしたね~~。
それでも蕾が少し咲いたばかりの花も残っていました。

Twinleaf (Jeffersonia diphylla) 080413335.jpg 080413339.jpg


Bセクションは トレイル中でもVirginia Bluebells の花が多いところです。

Virginia Bluebells (Mertensia virginica)


Bセクションの終わりはカナルを作るために
斜面を石造りで補強した壁のすぐしたを通る細い道になっています。

080413358.jpg 080413360.jpg


この壁が終わるところでちょっと急斜面を登ると
花ママさんに教わったearly Saxifrageが咲く小径(崖とも言う)からTwopassに出られます。

左から
Squaw root (Conopholis americana)
Early Saxifrage (Saxifraga virginiensis)
Spring Beauty (Claytonia virginica) 
 
080413368.jpg early Saxifrage (Saxifraga virginiensis) 080413365.jpg



ここで川沿いの道はなくなるのでCセクションの始まりまでTwopssを歩きます。
Cセクションに入ると途端にWikd Leek の群落があちこちに。
まもなくWikd Blue Phlox (Phlox divaricata)が目立つようになってきます。
Wikd Blue Phloxは花びらの形も色も変化の多い花で、
園芸種に色々な品種があるのがうなずけます。

Wild Blue Phlox (Phlox divaricata) 080413386.jpg 080413388.jpg


080413410b9.jpg 080413404b9.jpg 080413371b9.jpg



Pale Violet (Viola striata) もWild Blue Phloxと競い合うようにして咲いています。

080413381c.jpg Pale Violet (Viola striata) Pale Violet (Viola striata)



こんな所で撮っていましたが
風が湿っぽく雨が来そうな天気なってきたので
今日はこれで引き上げることにしました。

080413424.jpg



もうDogwood (Cornus florida) の花がクリーム色の萼を拡げ始めています。
白い花は桜の仲間のように見えるのですが
自生種なのでしょうか?

080413431b9.jpg 080413434.jpg

Snyder's Landing

2008年04月12日 21:57

Shirokumaさんにも満開のTwinleafを見てもらいたくて
Snyder's Landingを再訪したわけですが、、、
今日はよい天気なので間違いなく開いているだろうと
丘を登って見下ろすとが~~ん!
何と花が見あたりません。
あまりの良い天気にたったの二日間で散ってしまったようです。
なんだかとっても力が抜けてしまいました。

080412215b9.jpg Twinleaf (Jeffersonia diphylla)

気を取り直してまだ咲いている花はないかと探して
なんとか二輪一輪と咲いているのを見つけて、、、
もう少しでほどける蕾を探してほどける前と後の写真を撮ったり。

Twinleaf (Jeffersonia diphylla) Twinleaf (Jeffersonia diphylla) Twinleaf (Jeffersonia diphylla)


思えば二日前の満開の花は一株に咲いている花数が少なかったし
蕾もほとんど残っていませんでした。
きっと最後の満開の姿だったのでしょう。
私はかろうじて見られたので運が良かったと言うことでしょうか?
やはりこの花は開いてから散るまでがあっという間なんですね。
こんなにもたくさんの花を見られたことに感謝したいと思います。

他の花ももちろん元気に咲いていました。
Squirrel Cornは今が最盛期。Smooth Yellow Violetも随分背丈を伸ばしてきています。
下では終わってしまっているCutleaf Toothwortも濃いめのピンクの花を付けていました。


Squirrel Corn (Dicentra canadensis) Smooth Yellow Violet (Viola pubescens eriocarpa) Cutleaf Toothwort (Cardamine concatenata)


Dwarf Larkspur が咲くまではまだ少しかかりそうです。
できたらもう一度見たいところですが、来る時間があるかな?
[Snyder's Landing]の続きを読む

古街道のヒストリックタウン

2008年04月12日 20:27

Bull-Run Regional Park から Snyder's Landing までいくのに
Manassas 659のGun Spring Rdを使い
古くからある街道 US50にでました。
ここは昔からの道なので途中に古い街が多く
MIddleburg にはしゃれたインテリアショップ、レストランなどもあります。
街に入ったところで見つけた広々としたガーデンショップ
まだオープン準備中で商品が揃っていないとのこと
扱っているガーデンツールはライフタイムワランティーで
木製部分の付け替えを無償でやってくれるそうです。
美しいスコープにうっとり。
またゆっくり見に来ることにしましょう。


080412189b9.jpg 080412181.jpg 080412183.jpg



この街でレストランに入ることにして少し歩いてみました。
乗馬服の人形さんは The Red Fox Innと言う宿の客寄せですね。
やはり歴史的建造物で壁にその由来などが書かれたプレートが貼られています。
真ん中の写真のお店は3年前の暑かった日に
alchemilla さんと入ったアイスクリーム屋さんです。

080412203.jpg 080412208b9.jpg 080412202.jpg


こういう街でおもしろいのは看板。
様々に工夫を凝らした楽しい物がおおいですね。
子の街はキツネにまつわる話があるのでしょう。
キツネと乗馬に関する物をよく見かけました。
昔にイギリスのようにキツネ狩りのための場所が
あったのかも知れませんね。


080412196.jpg 080412194.jpg 080412198.jpg

Bull-Run Regional Park

2008年04月12日 18:46

Shirokumaさんと再び訪れたVirginia Bluebells の里
今日は前線が通過した後の水滴付きです。
と言っても水滴がつくと株が寝てしまうので
落としながら撮影しているので水滴の方はあまり写っていません。


080412122.jpg 080412120.jpg 080412135.jpg



雨後の陽射しはとても気持ちがよく空気もヒンヤリ!
カメラバックを置く場所には困りましたが
最後の年にとてもいお顔を見せてくれました。

080412155b9.jpg 080412169b9.jpg 080412141b9.jpg


こんなになよなよした茎が何故立っていられるのかと言うほど
柔らかい茎は風が強かったりするとなぎ倒さされてしまいます。
雨の水滴ならば日が上がり乾くと自然に立ち直れます。


080412118.jpg 080412149.jpg 080412133.jpg


いつもだったら潜り込んでいるハナアブを見つけられるのですが
今年は何故か一匹も出会えず。
そういえば飛んでいるハナアブさんたちも少なかったな~~。

Bull-Run Regional Park

2008年04月11日 20:22

やっとVirginia Bluebells の群落のアップです。
今年は林の奥の方に簡単に入って歩ける道を見つけたので
ブルーベルたちを踏みつける心配なく撮影することができました。

080411955b9.jpg 080411974b9.jpg


080411965b9.jpg 080411020b9.jpg 080411991b9.jpg


080411994b9.jpg 080411033b9.jpg


080411952.jpg 080411056.jpg 080411948b9.jpg

クローズアップの写真は次の日にたくさん取っていますのでしばらくお待ちを。

Snyder's Landing & Ferry Hill Trail

2008年04月10日 20:22

寄り道をしてきたためにSnyder's Landingについたのは3時近くになっていました。
通い慣れたカナル沿いの道から谷筋に入っていくと
さっそく咲いたばかりの Red Trillium (Trillium erectum)が迎えてくれました。
Twinleaf (Jeffersonia diphylla)も念願の満開です。

Twinleaf の谷 Red Trillium (Trillium erectum) Twinleaf (Jeffersonia diphylla)


さてどこから撮ったものだか悩みながら
先ずはアップを数枚。

080410818.jpg 080410820.jpg 080410832.jpg

群落で咲いている雰囲気を写すのはなかなか難しい花です。
中引きで2~3株のもの

080410879b9.jpg Twinleaf (Jeffersonia diphylla) 080410870.jpg

[ Snyder's Landing & Ferry Hill Trail]の続きを読む

花を訪ねる道の車窓風景

2008年04月10日 18:50

Harpers Ferry Rd からSandyhook Rd に出てLock 34 で車を停めました。
この辺りはカナル歩きや花探しで度々通ったところ。
Harpers Ferry の街を対岸から眺められるポイントです。
とっても懐かしい風景になると思います。
ちょうど貨物車が橋を渡る汽笛が聞こえてきました。

080410750.jpg



Mountain Lock に向かうには 細くなってうねる
Harpers Ferry Rd の田舎道を走ります。
春にはのどかなけしきが広がる好きな道の一つです。
Mountain Lock 入口に入る未舗装路手前に立った大きな家の
マメナシの並木が見事でした。

080410762.jpg 080410763.jpg 080410780.jpg


Mountain Lockの裏手にある斜面の
Blood Root の群生を見に来たのですが
やはり来るのが遅かったのでぜんぶ散っていました。

080410775.jpg 080410777.jpg


Mountain Lock を後にしてHarpers Ferry Rdを走り続けると
歴史的景観を残している街Shepherdstown のメインストーリーに出ます。
ここではまだ桜とマメナシの木がちょうど良い見ごろです。
メインストーリーからちょっとはいると
石造りの古いファームハウスとスプリングハウスあとがありました。
昔井戸は大切なものだったので井戸のわき出し口に
建物を建て水源を管理していたようです。

080410789.jpg 080410798.jpg 080410791.jpg


春の花が咲いていますが
アイスクリーム屋さんの看板に誘われるほどの陽気になりました。

080410799.jpg


花の記録は引きつづき別稿をご覧下さい。

Bull-Run Regional Park

2008年04月07日 20:00

雨の日のBull-Run Regional Park
夕方に雨も止んだので行ってきました。
蕾が咲く準備が終わってからこんなに満開まで待たされたのは初めてです。
まだ五分咲きにもなっていません。


080406701b12.jpg 080406737b12.jpg


蕾が濃さを増しているような気がするのは
寒さのせいでしょうか?夕方で光りの少なさのせい?

080406720.jpg 080406708.jpg 080406726b.jpg


早めに咲き出した花は仲間を待たずに落ちていっています。

080406703.jpg 080406717b9.jpg


背はもう十分高くなっていますが。
ブルーの絨毯が現れるのにはもう少しの陽光が必要です。

080406736b9.jpg 080406699b9.jpg 080406735b9.jpg

Billy goat trail A/ Caardelock C

2008年04月05日 23:09

Moss Phlox (Phlox subulata)を見に
Billy goat trail Aセクションを歩いてきました。


Moss Phlox (Phlox subulata) Moss Phlox (Phlox <br />subulata) Moss Phlox (Phlox subulata)



Cセクションも歩いて
探していた今年初めてのGolden Corydalis (Corydalis aurea)も見つかりました。

Golden Corydalis (Corydalis aurea) Golden Corydalis (Corydalis aurea)



気温が低いせいかVirginia Bluebellsのピンクの蕾はたいして大きくなっていませんが
Wild Blue Phlox のネジネジ蕾は順調にほどけているように見えました。

Wild Blue Phlox (Phlox divaricata) Wild Blue Phlox (Phlox divaricata)

White Trout Lily もほとんど傷んでいませんでした。
夕方なので花はつぼんで来ています。
回りには白い花が多いのもすてきでした。

Pale Violet (Viola striata) White Trout Lily (Erythronium albidum) Dutchman's Breeches (Dicentra cucullaria)


Wild Blue Phlox (Phlox divaricata) 080405684.jpg Pale Violet (Viola striata)



道の反対側、河側の斜面にもWhite Trout Lilyの葉ばかりでなく花も増え始めています。

080405678.jpg


Nodding Star Of Bethlehem (Ornithogalum nutans)と
Muscari は 庭からの逃げ出し組み。
すごい勢いで増えています。
去年見なかったところでも今年は花がすごい!
駆除を考えた方がよいのではと思わせる量でした。

080405666.jpg Muscari Dark Eyes



[Billy goat trail A/ Caardelock C]の続きを読む

Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。