スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

US National Arboretum

2008年01月27日 20:21

去年は暖冬のために一月に咲いてしまった
ロウバイや梅がもう膨らんでいる頃ではないかと
見に行ってきました。
ロウバイはちょうど見ごろ
梅はまだ堅いつぼみで開くまでには時間がかかりそうです。

ソシンロウバイ (Chimonanthus praecox f. concolor)

080127721.jpg 080127735.jpg 080127722.jpg


ロウバイ (Chimonanthus praecox)

ロウバイ (Chimonanthus praecox)


[US National Arboretum]の続きを読む
スポンサーサイト

Brookside Botanical Garden- 温室編2

2008年01月25日 23:40

こちらは熱帯雨林に生育している植物の温室です。
巨大なシダなどもあってちょっとしたガリバーになった気分も味わえます。

080125679b9.jpg 080125675b9.jpg 080125678b9.jpg



[Brookside Botanical Garden- 温室編2]の続きを読む

Brookside Botanical Garden- 温室編1

2008年01月25日 23:29

ミツマタ Edgeworthia chrysantha (ジンチョウゲ科 ミツマタ属).

080125673.jpg 080125638.jpg 080125640.jpg


温室の池の脇の大鉢に珍しい木が植わっています。
下向きに可愛らしい花がたくさんさがって
おもしろ~い。
なになにこの花!とっても写真撮りにくいけれど
魅力的だわと池の水に足を突っ込みそうになりながらも撮っていて
やっとネームプレートを見つけました。
調べてみると名前だけはよく知っている花木です。
ジンチョウゲ科のこの木はご存知のように和紙の製紙原料として知られてますが
花木としても楽しめるのですね。

ミツマタは中国南部原産の落葉低木で、
古くから日本に導入され、江戸時代から製紙に使われるようにりました。
四国や九州の山野では半ば野生化したものもみられるそうです。

こちらは毎年楽しませてもらっている椿です。
もう少し暖かくなるとカメリアソサイエティーの頒布会があって
様々な椿の苗が見られます。
日本とは違った華やかさに改良された椿がたくさん並びます。

Camellia japonica 'Nuccio's Cameo' Camellia japonica Camellia japonica 'Nuccio's Cameo'


080125622.jpg 080125648.jpg 080125632.jpg

[Brookside Botanical Garden- 温室編1]の続きを読む

Brookside Botanical Garden 戸外編

2008年01月25日 20:46

今年の冬は例年並みに寒いので
暖かい温室にでも潜り込もうと温室のある植物園に行ってみました。
外を歩くと寒い冬でもやはりもう春の準備をしている植物たちが目につきます。

この庭も日本の植物がたくさん植わっていて、
何故か目を引くのは日本が生まれ故郷の木達です。

コブシ(Magnolia Kobus)

銀色の衣装をまとったつぼみが賑やかに輝いていました。
モクレンの仲間は花が開くときよりも
この豪華な衣装にまとっているときが一番素敵だと思います。

080125526.jpg


[Brookside Botanical Garden 戸外編]の続きを読む

Meadowlark botanical park

2008年01月20日 20:09

080120441.jpg 080120489.jpg


まだ残っているウィンターベリーとドッグウッドの実

080120450.jpg 080120451.jpg 080120501.jpg


オハイオでは春の使者だった
ブルーバードがここでは越冬しています。
日だまりでは気が早くもルルルーーという良く通る声でさえずっています。
やはりヴァージニアは暖かいんだな~。

080120479.jpg 080120482.jpg 080120478.jpg


クリスマスローズが咲きかけのまま雪に埋まっていました。

080120492.jpg 080120494.jpg


犬と鳥のオブジェ

080120445.jpg

C&O Canal /Old Angler's Inn~Greatfalls Tavern

2008年01月17日 20:48

去年花ママさんと競うようにして歩いたC&O Canal の散策で
抜けていたところを今年は埋めていくつもりです。

今日歩いたのはOld Angler's Inn~Greatfalls Tavernまでですが、
いつもポトマック河沿いを歩いてしまうので
案外カナル沿いの道は通して歩いたことはなかったかもしれません。

080116264.jpg 080116308.jpg 080116301.jpg



080116317.jpg 080116318.jpg 080116321.jpg


080116331.jpg 080116337.jpg 080116400.jpg


Cedar Waxwing (ヒメレンジャク)
30羽ぐらいの群でいました。

080116357.jpg 080116363.jpg 080116364.jpg


Downy Woodpecker ♂

080116380.jpg 080116381.jpg

C&O Canal /Old Angler's Inn

2008年01月01日 23:15

とってもお天気がよいので
Mckee-Beshers のポトマック川沿いに鳥見に出かけることにしました。
去年の冬にシロクマさんとViolettes Lockからsycamore landingまで歩き
たくさんのGolden-Crowned Kinglet(アメリカキクイタダキ Regulus satrapa)が
出てきてくれたところです。

今日はsycamore landingに入りViolettes Lockに向かって歩きました。
歩き始めてすぐに日当たりがよい林でケラやカラの群の声がするので
立ち止まり観察。
見事なサーッピー♂がたっぷり見られて満足!
サーッピー♀は喉に赤い羽根がないので見分けが付きます。

そろそろ帰ろうかという間際アメリカンロビンほどの大きさの鳥が
シカモアの木にいっぱい留まっていました。
何処かで見た事があるのだけれど思い出せない。
後で図鑑を見てRed-winged Blackbirdの♀だと気が付きました。
何でメスだけがあんなに群れていたのでしょう。

080101140.jpg 080101153.jpg 080101151.jpg


[C&O Canal /Old Angler's Inn]の続きを読む

Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。