FC2ブログ

C&O Canal 8/Point of Rocks~Brunswick(Lock30)

2007年02月11日 20:21

今日の花ママさんとの待ち合わせ場所は
Brunswickにあるビジターセンターと言うことにしていたのですが
街に着いてみるとカナル沿いにはビジターセンターらしき物がありません。
ありゃまと探しているうちに花ママさんからセルラーフォーンが入り
橋の間下のボートドックに居るとのこと
やっとカナルトレイル沿いで駐車できるところを見つけました。
私達の車で前回の到着点Point of Rocksまで戻り歩き始めます。

天気は晴れたり曇ったりでコロコロと変わりましたが
気温は2~3度まで上がったので暖かい方。
前半に鳥さん達が出てきてくれたので
なかなか前に進みません。
こんな進み方で8マイル近く歩けるのかしら?

赤いベレーのおなじみRed-bellied Woodpeckerの♀♂、
Pileated Woodpeckerが何カ所かで出ましたし、
Yellow-Bellied Sapsuckerが♂の幼鳥(頭だけ赤い)、♀(赤いところが無し)、
♂の成鳥(頭と喉の下も赤い)と3タイプも見られて満足!
Shirokuma3には初見の鳥です。
写真には撮れませんでしたがGolden-Crowned Kingletに交じって
Ruby-Crowned Kingletも見られて今日一番の収穫でした。

少なかったポトマックの眺めの中でCommon Merganserが4番、
ごく普通のシギ類Kildeerが2羽、久しぶりのBelted Kingfisherの♂も嬉しかったかな?
ランチにしたCatoctin Creek Aqueductの開けたところから
林越しに見たRed-Shorderd Haukの後ろ姿は始めて背中の羽をじっくり眺めました。
このカナル沿いでは珍しいAmerican robin も
枯れ葉の林床で群でごそごそしているのを見つけましたね。

ここも鉄道がカナル沿いに併走していて貨車が度々通るのですが
鳥の密度も結構あり楽しめたお散歩でした。

この区間のロックは全部で3か所、
Lock29は集落も近くにあります。
デッキなど付け足して改造したロックハウスに
1960年代まで人が住んでいたそうです。

070211268b6.jpg 070211290b6.jpg 070211299b6.jpg



貨物車だけではなくアムトラックの客車も通りました。

070211287b6.jpg 070211284b6.jpg 070211303b6.jpg 070211308b6.jpg


Brunswickには鉄道の操車場があってたくさんの貨車、客車が停まっています。
昔から鉄道で栄えた街らしく古い町並みが残っています。
ここには今でも鉄道関係者の家族が多く住んでいるのでしょう。
鉄道博物館もあるようです。
機会があったら街も歩きに来たいですね。

[C&O Canal 8/Point of Rocks~Brunswick(Lock30)]の続きを読む
スポンサーサイト



Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事