スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セージの花色々

2006年09月16日 14:52

Meadowlark に咲いていたサルビア属の花達

060915513.jpg



060915505.jpg



060915506.jpg



060915507.jpg



060915510.jpg



060915504.jpg



060915511.jpg



060915512.jpg



060915514.jpg

スポンサーサイト

Meadowlark Botanical Gardens

2006年09月15日 14:41

秋らしく紫の色のバリエーションを選んでみました。

Great Lobelia (Lobelia siphilitica)
サワギキョウの仲間です。

060915434.jpg



Purple beautyberry (Callicarpa dichotoma)
コムラサキです。

060915436.jpg



Bluebeard, Blue Spirea (Caryopteris divaricata)
日本のカリガネソウです。

060915457.jpg



New-York Aster (Aster novi-belgii)

060915463.jpg



Autumn crocus(Colchicum autumnale)

060915473.jpg



New-York Aster (Aster novi-belgii)

060915479.jpg



Mistflower (Eupatorium coelestinum)

060915480.jpg



False Dragonhead (Physostegia virginiana)

060915481.jpg



Common Dittany (Cunila origanoides)

060915492.jpg

Shenandoah /Linborlost Trail

2006年09月10日 00:09

Shirokumaさんの時差ボケ防止に久しぶりに
お山におにぎり持って出かけてきました。
このところ暑さもした火になって夏の華やかさはなく
かと言ってまだ秋でもない山は何となく中途半端な季節です。
今良く咲いているのはアスター類。

White Wood Aster (Aster divaricatus )

White Wood Aster (Aster divaricatus )


夏から岩場で咲き続けている
Wild Live-forever (sedum telephioides)

Wild  Live-forever (sedum telephioides)



こちらは始めて見る花で緑のじみ~な花弁です。
Tall White lettuce (Prenanthes altissima)

Tall White lettuce (Prenanthes altissima)



Tall White lettuce (Prenanthes altissima)

Tall White lettuce  (Prenanthes altissima)



おなじみのマムシソウの仲間も赤い実を付けています。
Jack in the pulpit (Arisaema atrorubens)

Jack in the pulpit (Arisaema atrorubens)



目玉のような実がとても目を引きます。
Baneberries (Actaea pachypoda)

Baneberries <br />(Actaea pachypoda)




初夏には白い漏斗型の花を付けていました。
Pertridgeberry (Mitchella repns)

Pertridgeberry (Mitchella repns


帰り道にManassasの Deep-cut Trailによって
この時期咲いているはずのPurple Gerardia (Gerardias purpurea)を確認
去年よりしている花が少ないような気がします。

Purple Gerardia (Gerardias purpurea)



道路脇にも群生しているのが良く見られる
Tickseed Sunflower (Bidens coronata)
Tickseed Sunflower (Bidens coronata)

ツリフネソウ

2006年09月01日 13:46

日本のツリフネソウと同じ仲間の花がこちらでも
二種類咲きます。
日本のツリフネソウの名前は花の形 がつり下げられた船の形に似ていることからです。
学名のImpatiens は一寸した刺激にも種がはじけて飛ぶことからついた名前です。
英名のTouch me notもやはり種がはじけることから。
「私に触れないで」とおもしろい表現になっていますね。

Spotted Touch me not (Impatiens capensis)
もPale Touch me not (Impatiens pallida)
も少し湿った場所、沼地の際などに良く茂みを作っていますが
Spotted の方がより多くの場所で見られるようで、
花は少し小ぶりでたくさんつきます。

Spotted Touch me not (Impatiens capensis)
Spotted Touch me not (Impatiens capensis)


葉の色がブロンズになったものも見られました。

060830307.jpg



Pale Touch me not (Impatiens pallida)の花は
日本のキツリフネソウに非常に良く似ています。

Pale Touch me not (Impatiens pallida)


Spottedよりも花数は少ないですがすこし大きく斑点が少ないです。

Pale Touch me not (Impatiens pallida)


まるで斑点のないものや
とても淡いレモンイエローのものもあります。

Pale Touch me not (Impatiens pallida)



Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。