スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Frederick Municipal Forest

2006年07月31日 15:06

Frederick Municipal Forestに入る手前の
Highland school Road で見つけた黄色のかわいらしい花
ヨーロッパからの帰省植物です。

Butter-and-Eggs(Linaria vulgaris)

Butter and Egg


今日のお目当てのYellow Fringed Orchis (Habenaria ciliaris)は
小さな池の脇の日が良く当たる湿地に群生を作っていました。
貴重種と聞いていたのでこんなにたくさん咲いているのにはビックリ。
環境が守られていれば群生できるたくましさはある花なのですね。

蘭の仲間でこれほど日当たりで咲いているものは初めてです。

060731688.jpg


花のとりつきかたが複雑で
どうしてもどういう風になっているのか分かりません。
花の構造もおもしろそう。
花びらが一つ欲しいところです。

060731699.jpg


まだ蕾のものも

060731710b.jpg


池の畔に真っ赤で小さいキノコが

060731712.jpg


始めて見た赤いトンボ

060731741b.jpg


去年探し回った Virgin's Bower (Clematis virginiana)もたくさんの蕾が付いて咲き始めているのを見つけました。

Virgins Bowers (Clematis Virginiana)










スポンサーサイト

Suitsland Bog, Dyke Marsh, Clark's Crossing Park, Meadowlark Botanical Gardens

2006年07月29日 14:44

Sundewの花は午前中にしか開かないらしいので
まずはSuitsland Bogに行き
メリーランド側から順番に自宅に戻ってくる道順で
四か所回りました。

このSuitsland Bogは首都環状線から1マイルと離れていない
住宅地の中にぽつんと残されたえりあです。
こんな場所でモウゼンゴケが見られるのもびっくりですよね。
学名を見てもらうと分かるのですが日本のモウセンゴケと
まるで同じ品種です。
ナガバノモウセンゴケ(これは日本とは違う品種になります)
も自生しているはずなのですが
今回は見つかりませんでした

Round leaved Sundew (Drosera rotundifolia)

Round leaved Sundew (Drosera rotundifolia)


Sundew を撮っていてひょっと右側を見ると
Satochanさんが教えてくれた
Green Wood Orchid( Platanthera clavellata)がまだ咲いていました。
ホントに小さくてかがみ込まないと見つからないでしょう。

Green Wood Orchid( Platanthera clavellata)


Sundew の横にもっと小さい黄色の花が咲いていたのですが
何であるか今の所分かりません

??



これも小さくて茎の咲きに花だけしか咲いていないので
現地では分かりませんでした。
Bog yellow-eyed grass (Xyris difformis Chapman var. difformis )のようです。

Bog yellow-eyed grass (Xyris difformis Chapman var. difformis )



前回は葉の部分を良く撮していなかったので
葉の部分だけアップです。
この部分に水をためて落ちた虫の養分を吸収するようですが
効率悪そう!
Pitcher Plant(Sarracenia purpurea)

Pitcher Plant (Sarracenia purpurea)



Virginia Meadow Beauty ( Rhexia virginica )の花後姿
蕾もおもしろい形でしたが種もおもしろそうです。
シベだけがニョローンと出ています。

Virginia Meadow Beauty ( Rhexia virginica )


二か所目は Dyke Marsh でしたが目新しいものは無し。
Virginia Dayflower は咲いた後で今年も見逃してしまいました。

帰りにはScott's Runに寄ろうかGreat Falls に寄ろうかと思いましたが
まだ行ったことがない原っぱClark's Crossing Parkの様子を見ることにしました。
Clark's Crossing Park はいつも行くMeadowlark Botanical Gardensとは
高速を挟んで反対側にあって
W&OD Trailの一部になっています。
Potomac Power Line 似た環境を期待して行ってみましたが
今日のところは余り収穫がありませんでした。

Square stemmed Monkey Flower (Mimulus ringens)はあちこちで群生していました。

Square stemmed  Monkey Flower (Mimulus ringens)



Swamp Milkweed (Ascrepias incarnata)は立派なものがたくさん。

Swamp Milkweed (Ascrepias incarnata)


最後にMeadowlark Botanical Gardens
おもしろかったのはこの辺りで自生で見られるものの園芸種です。

Fame flower
Soldiers Delight の乾いた荒れ地に見に行き三時の開花を待った花です。
あそこで見ていなかったら見過ごしてしまいそうな
小さな花がコンテナに入って咲いていました。
この時はもう五時を回っていましたから開いていたわけですね。
それでも野性のものより二倍はあるかと思われる大きさで
葉も松葉ボタンと同じぐらい立派なものでした。
ハゼラン(三時花とも呼ばれる)と言う名前で日本に帰化している花は
この仲間で南米産だそうです。

Fameflower(Culv)



二つ目はFlowering Spurge(Euphorbia corollata)の斑入り園芸種と思われるこの花です。
種の形で気が付きました。

060729644b.jpg


三つ目はSquare stemmed Monkey Flower (Mimulus ringens)
すばらしく花付きが良いですが花自体の色形はほとんど変わりがありません。
でもこの植物の本来の葉の付き方は十字互生で、
花も一つの節から茎を挟んで反対側に一輪ずつ咲きますが
この株では互生にならずに一節から三本の葉枝が出て
花も三輪咲いている茎がありました。
園芸種になるというのはこういう事なのだなと
感慨深い見本でした。

Square stemmed Monkey Flower (Mimulus ringens)


Shenandoah

2006年07月24日 08:54

家を出たのが11時過ぎで、いつものように
66から211を走りShenandoah に入る手前の街の
Safeway でサンドイッチを買い、スターバックでコーヒーを買い
なおも西へと車を走らせると山は今日も少し曇り気味。
ま、花を撮るにはこのくらいの天気の方が良いのよねと
今日の第一目的地 Little Stony man の駐車場へ。
花ママさんからSouthern Harebell(Campanula divaricata)
が咲き始めていると聞いたので去年見た駐車場からすぐの場所へ。
花ママさんポイントにあるクレマチスの種も見たいけれど
私だと見つけられない可能性も大なのでお時間節約コースを選びました。

Southern Harebell (Campanula divaricata)

Southern Harebell (Campanula divaricata)



Southern Harebell (Campanula divaricata)


次はSkylandの先にあるTurk's Cap Lilyポイントへ
先週金曜に描いた花は先端がばっさり無くなっていました。


Turks Cap Lily (Lilium superbum)



Turks Cap Lily (Lilium superbum)


蕾だった花を撮影して次なるBunchflowerポイントへ

Fire lane を歩き始めたら向こうから
Satchanさんがやって来るではないですか!!
やあやあお久しぶり、と言っても
しょっちゅう情報交換しているので
久しぶりにあった気がしないのでした。

Satchanさんはもう一つランを見つけたとか!!
ここで出会えたのはなんてラッキーなのでしょう(* ̄  ̄)v

バッタリ会ったのもHelleborineのすぐ近く
もう見ましたか?と聞かれて行きすぎていたのに気が付きました。
ここでSatchanさんに出あわなかったら
また探すのに大手間がかかっていたところです(^^ゞ

SatchanさんはSouthern Harebellの写真をまだ撮っていないというので
Little Stony man まで一寸逆戻り、

Satchanさんは帰る方向なのでLittle Stony manでお別れして
教えてもらった情報を頼りに残りのお花を見に行きました。


Helleborine(Epipactis Helleborine)

蘭の仲間で帰化植物だというのがおもしろいです。
それもヴァージニアではかなりレアものらしい。
どういう順路で入ってきたのでしょうね?

Helleborine(Epipactis Helleborine)



Round leaved Pyrola(Pyrola rotundifolia)の種ができはじめていました。

060724318.jpg



Satchanさんに教えてもらった
Spotted Coralroot (Corallorhiza maculata)は地味だけれど
派手な色なので目立ちます。

Spotted Coralroot (Corallorhiza maculata)



何とも不思議な色の花ですね。

Spotted Coralroot  (Corallorhiza maculata)


もう少しFire lane を歩いていくと
Bunchflower (Melanthium virginicum)が満開でした。
確かに良い香りがしますね。

Bunchflower (Melanthium virginicum)



Bunchflowerの小さい花はこれもおもしろい形をしています。

Bunchflower (Melanthium virginicum)


最後のポイント、小川に架かる橋の下に見事に咲いている
Bee Balm (Monarda didyma)です。
オハイオではネーチャーセンターに植えられているのを見たことがありますが
自然の中では始めて見る花です。
Cadinal Flower と言いこんなに真っ赤な花が野性だというのもすごいですね。

Bee Balm (Monarda didyma)


戻って来る林の道でWild Indigo (Baptisia tinctoria)も見つけました。

Wild Indigo (Baptisia tinctoria)


駐車場に咲いているCommon Milkweed に集まっていた蝶たち


Eastern Tiger Swallowtail ♂

060724369.jpg



Eastern Tiger Swallowtail  ♀

Spicebush Swallowtai



Silver spotted Skipper

Silver spotted Skipper


さらに最後のTurk's Cap Lilyポイントで Monarchも

Monarch


MP46の少し手前 Turk's Cap Lily の咲いている近くの岩場で
Wild Live Forever (Sedum telephioides)が咲き始めているのを見つけ
少しよじ登ってみました。
園芸種のものより小ぶりで色も淡いピンクでかわいらしい印象があります。
葉は白っぽいものが普通ですが春先に出てくる新芽は濃い紫がかった色が目立ちます。

Wild Live Forever (Sedum telephioides)


Wild Live Forever (Sedum telephioides)

Wild Live Forever (Sedum telephioides)


きょうも花友達のおかげでたくさん花を見させてもらいました。
花パパさん、花ママさん、Satchanさん、ありがとうございました。

Shenandoah Skyline Drive 脇

2006年07月20日 16:15

こんなところでスケッチしていました。

060719814b6.jpg


ちょうど開いたばかりのTurks Cap Lily (Lilium superbum)
花が三つでバランスもとても良い株です。

Turks Cup Lily (Lilium superbum)


蝶が入れ替わりでTurks Cap Lily の
密を吸いに来てじゃまをしてくれます。

Turks Cup Lily (Lilium superbum)


原いっぱいに咲いているNodding Wild Onion を見つけました。

060719836.jpg





060719879.jpg


060719845.jpg


去年もこの Yucca (Yucca filamentosa) の花を撮っているのですが
その時にはNodding Wild Onionには気が付きませんでした。

Yucca (Yucca filamentosa)

Yucca (Yucca filamentosa)


帰り際に二か所で見つけたTurks Cap Lily (Lilium superbum)


MP45とMP46の中間地点
倒れてしまっていますが何と12個も花を付けています。

060719897.jpg


Overlook の直ぐそば谷川の斜面

060719912b6.jpg



道路脇を歩きながら食べ物を探していた若いクロクマ。
まるで人のことを気にしていません。

060719828.jpg




Suitland Bog/Soldiers Delight

2006年07月18日 10:12

まずは朝一番にメリーランド州首都環状線のすぐ近くにある湿地Suitland Bog
へと向かいます。
こんなに普通の住宅地域の中に湿地のような環境が保たれているなんて驚きです。
九時半頃にゲート前についてゲートの横から入り込んで奥へと向かいますが、
何のインフォーメーションもないとは思っていなかったのでどこを歩いて良いか分からず
木道があるはずなんだけれどな~と一時間も原っぱの回りをウロウロしてしまいました。
おかげで新しい蝶を見ることができましたけれど
Variegated Fritillary (Euptoieta claudia)

Variegated  Fritillary (Euptoieta claudia)



諦めて帰ろうかと思っていると入口ゲートのところで
レンジャーの人にばったりで会えてBOGの入口が分からないと言うと
案内してもらえました。
土曜日に花ママさん達が出会った人のようです。
撮影ポイントをいくつか教えてもらってラッキーでした。

色々おもしろそうな植物があるらしいけれど
まるで予習してこなかった私はえーと一体何が見られるのだっけ?
前から見たかったVirginia Meadow Beauty ( Rhexia virginica )が
とりあえず見られて満足!

Virginia Meadow Beauty ( Rhexia virginica )


このおかしな雄しべが私ごのみです。
これも絵に描きたいリストに追加です。

Virginia Meadow Beauty ( Rhexia virginica )


この湿原には食虫植物も生えています。

Pitcher Plant(Sarracenia purpurea)

Pitcher Plant (Sarracenia purpurea)



Pitcher Plant(Sarracenia purpurea)

Pitcher Plant (Sarracenia purpurea)


モウゼンゴケに似た

Spatulate leaved Sundew (Drosera intermedia )
Spatulate leaved Sundew (Drosera intermedia )


十分Bog の眺めを楽しんだのでSoldiers Delight Natural Environment Area
へと向かいます。

目的の花は展望台から右回りの道が近いようだけれども
あえて車をビジターセンターに置いて左回りでserpentine trail を散策しました。
想像していたとおりの暑さの中
まずはGentianの小川を歩き去年見た花の今年の育ち具合を確認です。

ここではFameflowerを見つけられなかったので
展望台に向かって歩き始めました。
半ばほど来たところでやっとWhorled Milkweedを見つけました。
去年の印象とはずいぶん違い小さいような気がします。
Manassas では木の根本あたりで咲いていました。
こんなに日射しの強い遮るものもない原っぱでたくさん咲くのを見ると
こちらの方がもともと好みなのかしら?
まだ咲き始めでたくさんつぼみを付けています。
Whorled Milkweed(Asclepias verticillata)


地面をじっと見ていると松葉状の厚ぼったい葉の小さな草が見え始めてきました。
つぼみを付けているものも発見。

きょうの一番スター、
Fameflower (Talinum teretifolium)です。

Fameflower (Talinum teretifolium)



もう2時半を過ぎていますがまだ開花しているものはありません。
近くの小さな林で三時まで待つことにしました。
暫く写生などして待ちさっきの場所に戻ると
私が見つけたのよりももっとたくさんの花が咲いていました。
だれも居ないような草原でかくれんぼをしている不思議な花ですね。

Fameflower (Talinum teretifolium)



Fameflower (Talinum teretifolium)



花を後ろから見ると萼が二枚というのも変わっています。

Fameflower (Talinum teretifolium)



葉は厚みがあって乾燥に強うそうな構造をしています。

Fameflower (Talinum teretifolium)


松林の少し手前でGreen Milkweed (Asclepias viridiflora)も
一輪だけ見つけました。

Green Milkweed (Asclepias viridiflora)

Shenandoah Skyline Drive

2006年07月14日 15:57

写真のみのアップ

Black-eyed Susan (Rudbeckia serotina)が
ドライブ沿いの斜面を飾っています。

060714938.jpg


苔から流れ出す水飛沫が綺麗な壁面のある道路際に
Pale Touch me not (Impatiens pallida) の群落を見つけました。
オレンジのものより少し涼しげです。

Pale Touch me not (Impatiens pallida)


赤い小さな花が目に留まりました。
かたちはハコベにそっくり。
帰化植物のようです。

pimpernel(Anagallis arvensis)

pimpernel(Anagallis arvensis)



Basil balm (Monarda clinopodia)"
シェナンドーでは良く見る花色です。

Basil balm (Monarda clinopodia)


これも帰化植物の
Common Evening Primrose (Oenothera biennis)

Common Evening Primrose  (Oenothera biennis)



Nodding Wild Onion (Allium cernuum)

Nodding Wild Onion (Allium cernuum)



花が咲くのを楽しみにしていたTurk's Cup Lilyは
半分ほどぽっきり折れてしまっていました。
Turk’s Cup Lily




060714013b6.jpg



060714022b.jpg


花ママさんに場所を教えてもらったお花はまだ堅いつぼみでした。
Bunchflower はユリ科のようですが
球根には毒があるそうです。


Bunchflower (Melanthium virginicum)

Bunchflower (Melanthium virginicum)



Bunchflower (Melanthium virginicum)の葉

Bunchflower (Melanthium virginicum)



Wild Columbiの新鮮な花は雄しべがピンとしていて、
葯も綺麗に揃っています。

Wild Columbine

Sugerloaf Mountain

2006年07月12日 03:52

今日も蒸し暑いです。

花ママさんにメールで詳しく教えていただいたので
Fales Foxglove と Pinesap を探しに
Sugerloaf へ遠出してきました。

Sugerloaf Mountainまでの道のりは
景色がよいのでいつか風景画を撮りに来たいと思うのですが
いつも時間が無くて起伏のある丘陵をを横目に見つつ
通り過ぎてしまいます。


花ママさんに曰く
黄色の標識の10メートルほど過ぎたところにある
大きな木の根本にPinesapが
その30メートル先にFales Foxglove
ということでさんざん探したのですが見つからず

どうしてだろうと諦めつつ帰る方向に歩き出した途端
Fales Foxglove の黄色が目に入ってきました。
けっこう背がたかいのですね。

Smooth Fales Foxglove (Gerardia flava)

Smooth FAles Foxglove (Gerardia flava)


こんなに背が高く立派なお花も付けるのに
この花は寄生植物でオークの木の根っこに寄生して養分をもらっています。
後に立派なオークの木がありました。

おかしいなとなおも戻る方向に歩くと
私が気が付いた黄色の標識よりも
もう一つ手前に大きな標識がありました!

これではいくら探しても見つからないはずです。
全くこんな大きな目印も見に入らないなんて困ったもんです。

もう一度探し直してPinesapも見つかりました。
ほとんどの株は枯れて真っ黒になっていたので良く見つかったこと!
来年綺麗なものを見に来ましょう。
今年は花パパさんがとられたきれいなPinesapの画像で我慢です。

こちらはかろうじて残っていた痕跡

Pinesap (Monotropa hypopithys)
Pinesap (Monotropa hypopithys)


これは腐生植物で日本のシャクジョウソウと同じもので
ヨーロッパ、ロシア(シベリア、サハリン)中国、朝鮮半島、北米と
世界中広く分布しているようです。

ついでに残っていたIndian Pipe
種ができかけています。

Indian Pipe



Downy Rattlesnake Plantain (Goodyera pubescens)
は蕾も全部揃ってもう咲き出し始めそうでした。

Downy Rattlesnake Plantain (Goodyera pubescens)


こちらも潜在的腐生植物のStriped WinterGreen (Chimaphila umbellata)
今年の花がもう実になっいます。

Striped WinterGreen (Chimaphila umbellata)



Manassas/Deep cut Trail

2006年07月11日 03:50

おなじみDeep cut Trail に 
Whorled Milkweed(Asclepias verticillata)を探しに行きました。


去年はDeep cut Trailの一つ目の林を抜けたところに開ける原の
右側についているトレイルわき手前の方の右手の林の脇に二つちさい株を見つけ
もう少し奥のトレイルから左手の原に入り込みやすくなった辺りに
ある木の下茂みの中に並んで大きな株二つを見つけました。

でもきょうは背の高い2株は見つけられず
小さい株だけ確認して来ました。
まだ花芽は付いていないのですが場所から言って
これに間違いないと思います。

Whorled Milkweed(Asclepias verticillata)



Wild Pink や Perple Milkwort も期待して
Stone Bridge Trail を歩いてみましたが
ここでも何も見つからず、
橋の下に数株ある Cardinal Flower も心なしか不作のようです。

キノコだけは相変わらずたくさん見つかりました。

060711803.jpg

Shenandoah

2006年07月07日 13:34

今日の目的はお花探しではなくてスケッチです。

今日もあちこちで鹿さん達に出会いました。
車で近づく分には人のことはまるで気にせずに草をムシャムシャやっています。

060707569.jpg


最初のスケッチはLarge Purple Fringed Orchidでしたがもう終わりかけなので
花のスケッチはあきらめて来年にかけることに。

二番目に見つけた場所を良く見てみると
10株ほどの株が花を付けていました。
来年は蕾の時から観察することにしましょう。

Large Purple Fringed Orchid (Platanthera grandiflora)



Round leaved Pyrolaも花が開き切っていましたが
なんとかスケッチができて
シベのおもしろい形も記録が取れました。

花の付き方を上から見ると
総状花序(Receme)で花は120度ずつ螺旋状についています。

Round leaved Pyrola(Pyrola rotundifolia)



雌しべと雄しべの形もかなりの変わり者です。

Round leaved Pyrola(Pyrola rotundifolia)


Milam Gapの駐車場につくとまずはMill Plong Trailに向かう小径をたどり
Skyline Drive を渡る手前の道路脇の草むらをのぞいて
茂みの中のNodding Wild Onionを確認。

前回は萼の中に収まっていた
Nodding Wild Onion (Allium cernuum)も蕾が見え始めました。

Nodding Wild Onion (Allium cernuum)



Mill Plong Trailと分岐しているアパラチアントレイルの方へ少し行ったところにも
Turks Cap Lily の群棲が数カ所あるのでそちらにスケッチに行くと
ちょうどユリの生えている辺りから
クロクマさんが逃げていきました。
う~んあいつらこのユリの花芽を食っているのではないだろうか?
この辺りのユリは半分ぐらいの株が上がちょん切られた感じになっています。

蕾の形がよいのを探して描いてみました。
後二三回きてつぼみが膨らんでいく様子を描きたい思います。
花が咲くまで誰かに食べられないことを祈っています。




Turks Cap Lily (Lilium superbum)



Atlantis Fritillary (Speyeria atlantis)
東海岸では五大湖地方とヴァージニアにだけ生息します。

Atlantis Fritillary (Speyeria atlantis)

Shenandoah National Park

2006年07月04日 11:22

今日の行程もだいたい前回と同じで
Thornton Gap Entranceから入って
まずは一度27マイルポイントまで北上し探索をしてから
南下し、Big Meadow の少し先Mill Plong Trailまで走りました。

最初に確実に見られそうなRound leaved Pyrolaを探しに
27マイルポイントあたりをゆっくり閏間を走らせます。
目印になるPale-spiked Lobeliaが一回往復しても見あたらないので
27マイルポイントあたりから歩くことにしました。
Pale-spiked Lobeliaを見つける前に
青く色付き始めたブルーベリーの群落を見つけました。

060704397.jpg


ブルーベルと混ざるようにRound leaved Pyrolaの
白い花穂もたくさん立っています。

Round leaved Pyrola (Pyrola rotundifolia)

Round leaved Pyrola(Pyrola rotundifolia)


Round leaved Pyrolaの葉は丸くてつやがあり少し変わった葉脈です。
不思議なことに花と一緒に出ている葉を見つけることができませんでした。
これは花穂の直ぐ側にたくさん出ていたものです。

Round leaved Pyrola(Pyrola rotundifolia)



Round leaved Pyrolaの花は思ったより大きくてかわいいですね。

Round leaved Pyrola(Pyrola rotundifolia)



数十メートルほど行くと
Pale Spicked Lobelia (Lobelia spicata)の群落も見つかりました。

Pale Spicked Lobelia (Lobelia spicata)



次に目指すのはLittle Stonyman TrailとHemlock Spring Overlook
の間にある崖になっている道路際の地点です。

途中に苔から水が流れ出しているきれいな場所がありました。

060704422.jpg


Purple Fringedは大きく垂直な岩場が続いたあと
茂みに隠れるように水がしみ出しているばしょで
6株ほどが咲いていました。
ここにはTurks Cap Lily の蕾もありました。


Large Purple Fringed Orchid (Platanthera grandiflora)

Large Purple Fringed Orchid (Platanthera grandiflora)



Large Purple Fringed Orchid (Platanthera grandiflora)

Large Purple Fringed Orchid (Platanthera grandiflora)


この後もう少し南下したパーキングロットのすぐ手前にも3株ほど見つけました。

どちらの近くにも緑色の"Projekt Study Area"の小さな立て札があったので
貴重種のワイルドフラワーの観察がされているのかもしれません。
他でもこの立て札を見つけたら止まってみようかと思います。


Milam Gapの駐車場でお昼を食べて一休み。
Milam Gapの駐車場近くで
飛び出してきた小熊をもう少しで引いてしまうころでした。
あわてて茂みに入っていきましたが、
ちかくに母熊が居るはず暫く待ってみましたが
母親の方は見ることができませんでした。

駐車場の南側に生えているTurks Cap Lily (Lilium superbum)

Turks Cap Lily (Lilium superbum)



Turks Cap Lily (Lilium superbum)

Turks Cap Lily (Lilium superbum)



午後はMill Plong TrailへLarge Round leaved Orchis を探しに行きました。
去年は10株ほど見られた花が今年は3株しか花が付いていなかったそうです。
私達は去年4~5株しか見ていないので
探すのは難しいと覚悟していましたがやはりひとつも見つけられませんでした。
かろうじて葉だけのものは見つかりました。

060704505.jpg


ちょっと形の違う葉も二株ありました。

060704507.jpg


Mill Plong Trailの川まで来ると
May flowerの実がなっていたり

May flower
 


Large Flowerd Trilliumの種が出来ていたり

Large Flowerd Trillium



Indian Pipe (monotropa uniflora)は方々で出始めてきています。

Indian Pipe (monotropa uniflora)


もう一か所 Whiteoak trail を歩いてみましたが
夕方ですぐに雨が降り出してしまったので途中で断念。
帰りにLimberlosのFirelane沿い で見つかったRound-leaved Pyrola
はちょうどつぼみが開いていい見ごろでした。

060704517.jpg


車に戻った途端に本格的に降り出して今日もついていました。

Kenilworth Aquatic Gardens & Huntley Meadow

2006年07月02日 20:48

ワシントンDCの中にAnacostia River を挟んで国立樹木園と向かい合わせに
Kenilworth Park & Aquatic Gardensがあります。
かつては商業用のスイレンのナーサリーだった湿地は
今はNational Park System に管理されています。
庭園のように優雅な趣はありませんが
広大な広さに蓮池が広がっている光景は一見の価値ありです。
朝は7時からオープンだと言うことなので
光がよい朝のうちにハスの花の写真を撮りに出かけました。

強い光を和らげるために最初の2枚はフォギーフィルターをかけています。

写真好きには有名な場所なのか
朝早くからたくさんのカメラマンで賑わっていました。

060702338b.jpg



060702341b.jpg



060702248.jpg



060702276b.jpg


今開こうとしている蕾はピンと張りつめた美しさがあります。

060702284b.jpg


蕾の色は濃く咲くに従って白さが増すようです。

060702314b.jpg



花びらがあるうちにハスの実がもう形になってきています。
綺麗な黄色でした。

060702246b.jpg


スイレンは濃いピンクと薄いピンクに白がありました。

060702325b.jpg



060702260.jpg



蓮池を住処にしているブルーヘロンが
大きな魚を捕まえての飲み込むところを目撃しました。

1まさに嘴の中に収まるところ
2喉を通過しているのが良く分かります
3まだのどの辺りがふっくらしています。

060702295c.jpg 060702296c.jpg 060702298c.jpg



魚を捕まえるのは時々見ていましたが
食べきるのを見たのは始めて。
こんなに丸飲みにできるなんて丈夫な胃袋しているのね。
その後すぐに何事もなかったように次の魚を狙い始めました。

Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。