スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Huntley Meadow

2005年11月18日 20:00

Huntley Meadow の紅葉はほとんど終わって
湿原の草も枯れて倒れたりして静かなものでした。

駐車場周りの林で上を見上げると
ツルウメモドキ(Celastrus orbiculatus)の実がたわわに実っていました。
葉も付いています。
アメリカに自生でそっくりのAmerican bittersweet (Celastrus scandens L.)かも知れませんが、
良く分かりません。

051118217.jpg


前に探したときにはどうしても見つからなかった
Seedboxが種だけになったら直ぐに分かりました。

051118227.jpg



051118233.jpg



051118249.jpg



Crimsoneyed Rosemallow の種

051118244.jpg



Swamp roose の種

051118259.jpg



051118248.jpg



051118278.jpg



051118280.jpg



0511182067.jpg

スポンサーサイト

Mc.Crillir Garden

2005年11月15日 20:00

Mc.Crillir Gardensの庭でサザンカが咲いていました。
こちらでもCameriaの品種をたくさん見ることが出来ます。
かなりのコレクションを揃えている植物園もあります。

Cameriaにはサザンカと椿とが含まれており
この庭に咲いていた物は季節から言ってもサザンカでしょう。
サザンカ(Camellia sasanqu)は日本特産種で、四国以南に自生し、
花は一枚ずつ別れて散ります。

ツバキの原産地は日本を含めた東南アジアだけで、
原種は250種ほどといわれます。
花びらはまとまってぽとりと落ちます。
日本ではツバキというと自生種のヤブツバキ(Camellia japonica)をさします。

自然交雑しやすいツバキ属の花は
様々な品種が生み出されていて6000種とも言われています。

051115015.jpg



051115025.jpg



051115037.jpg



051115996.jpg



名前がまだ分からない花
051115057.jpg


Little Bennett Regional Park

2005年11月11日 20:00

花追っかけ友だちのSatchanさんとご一緒に
メリーランド州のLittle Bennett Regional Park の晩秋を歩いてきました。
私も歩いたことがあるKingsley Trailをまず歩いてみました。

紅葉はもう終わりかけでした。
でも葉が落ちている故に見えてくるものもあって、
あらこんなところにあったのね、と見つかります。

花パパさんのサイトで気になっていた
Witch Hazel や ツルウメモドキ(もしくはツルウメモドキモドキ?)
が見つかりました。

Witch Hazelの花の咲き残り

051112945.jpg



Witch Hazelのおもしろい形の実も確認できました。

051112947.jpg



日本からオーナメントとして輸入された
ツルウメモドキ(Oriental bitterswee/Celastrus orbiculatus )
はアメリカ東部で自生のAmerican bittersweet(Celastrus scandens)
と似ており、葉は残っていなかったので
どちらであるか確認できませんでした。
来年確認して日本のツルウメモドキと分かったら
お花の材料としていただいてきます。

051112956cb.jpg



Japanese barberry は日本のメギのことです。
園芸種として色々な品種が作り出されました。
庭から逃げ出したものが東部を中心に野生化しましたが、
アメリカ原産のAmerican barberry も東部には自生しているようです。

051112951.jpg


こちらも日本原産の ノイバラ((Rosa multiflora)
Satchanさんと夏にどんな花が咲くかを思い出して話していて
そう言えばあれだけ方々で見たというのに
きちんとした名前を探していなかったな~と
あの繁殖力の強さと図鑑にないことから
アメリカ自生種ではないと思っていましたが、
よく考えたら日本のノイバラでしたね。
日本のノイバラはヨーロッパに渡って
バラの品種の大事な原種の一つになっています。

051112962.jpg


公園内の道路脇にあったシルバーメープル
オハイオの家では裏庭に大木が二本あってあって
春の種、秋の落ち葉とも掃除が大変な木でした。
きれいに紅葉するとなかなか美しい黄色になります。
紅葉はメープルの中でももっとも遅いので、
今緑から黄色に変わっている木はこのシルバーメープルです。

051112966.jpg



Downy Rattlesnake Plantainの葉を探しに
Pine Grove Trailも歩いてみましたが、
ここはもう落ち葉が敷き詰められていて見つけるのは一寸無理。
でも来年はここであのきれいな葉っぱとちび花が
見られることが分かっただけで収穫です。
この辺りはBeech Treeのグローブになっているらしくて
落ち葉ではじめて確認できました。
特徴のある実の形です。
日本ではブナの実のなる数が年により大きく変わり
その年の鼠の生息数と大きく関係しており
その鼠を補食する動物の生活にも大きく影響します。
こちらではどうなのでしょうか?

051112979.jpg



ずっと確認できなかったVirgin's Bower も
Pine Knob Trail近くにあるのを教えてもらって
来年は花も見られるでしょう。

051112988.jpg



おしゃべりに夢中になって私はほとんど何も見つけられませんでした。

Satchanさんがほとんど教えてくれたので、
一人だったら何も撮らずに帰ってくるところでした。
ありがとうございました。

Potomac Power Line

2005年11月08日 20:00

Potomac Power Line までの道のりには
紅葉が美しい並木や庭木がたくさん植えられていて
すばらしい景観です。
この辺は夏からの景色しか知りませんが、
花木が沢山あるのできっと春もすばらしい眺めだと思います。

やっと真四角になったSeedboxを見ることが出来ましたが、
振っても音は鳴りませんでした。

自然に生えている木には黄色系に色づくものが多いようです。

051108828.jpg
  


051108845.jpg



051108837.jpg



051108838.jpg



051108842.jpg



051108851.jpg

U.S. National Arborerum

2005年11月06日 20:00

春以来ご無沙汰だったU.S. National Arborerumに
色づいた樹木を撮りに行ってきました。

名前は分かりませんがきれいだと思った色を
気ままに拾ってきました。

051106689.jpg


051106688.jpg



051106710.jpg



051106713.jpg



051106723.jpg



051106739.jpg



051106818.jpg



051106744.jpg



051106749.jpg



051106771.jpg



051106779.jpg



051106759.jpg



051106787.jpg



051106794.jpg



051106796cb.jpg



051106735cb.jpg



051106810.jpg

Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。