スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Meadowlark Botanical Park

2005年04月28日 20:00

サクラが植えてある池までたどり着くのに
3時間もかかってしまったわ(^^;;
懐かしい野草から始めてみる変わった植物まで
実に多彩な植物が見事にアレンジされています。
起伏があるので風景も効果的だし
植物園としてもかなり完成度が高いと思います。
まずはセンター周辺を彩っている
チューリップたちの元気の良いこと!!

野草のエリアはネーティブの物だけではなく
自生種と近い品種のおもしろい物を集めて
興味深いコレクションになっています。
スポンサーサイト

Hiddenn Pond Park

2005年04月26日 20:00

一枚目はネーチャーセンターに向かう途中の住宅街で
目についた真っ赤なツツジと枝垂れ桜。
2枚目は近くの散歩道脇で咲いていた
自生種のツツジ(Rhododendron periclymenoides)

今日の目的地の Hiddenn Pond Park でもやはり
ツツジが咲いていました。
4月の末にはここでピンクレディースリッパが咲くと言うことで
ネーチャーセンターで見られるポイントを聞こうと思ってきたのですが、
今日は生憎センターがお休みの日でした。
緑の見事さはため息が出るほどです。
多分渡り途中と思われるムシクイの仲間の声がしています。
途中のベンチで久しぶりにビノキュラを出して
鳥の姿を追って見ましたが、
気になる鳥の姿は見つけられませんでした。
ここでもJack-in-the-pulpitが沢山生えていました。
この花の姿はどこかこっけいですね。

Thompson Wildlife Management Area Trillium Walk

2005年04月24日 20:00

ワイルドマネージメントエリアというのは早い話が、
野生動物をコントロールしながら、
ハンティングエリアとして活用する場所でして、
下手なときに行くとずどんとまちがって打たれかねないのですΣ( ̄ロ ̄lll)
今日は日曜日なので禁猟日にあたり大丈夫なようです。
ここはトラウトも放流しているので
フライフィッシングもできるようです。
場所はほぼシェナンドーの玄関口に近い
ブルーリッジの裾にあたる地域なので標高が高いせいか
新緑は平地よりも一週間以上遅れているようです。
何とついて歩き始めたら細かいですが
雪さえちらついていました。
お目当てのラージフラーワードトリリウム(Trillium grandiforum)
はしっかり群棲していました。
見ごろは来週というのがやはり正解のようで
まだ一分咲きといったところです。
それでも一面につぼみを持っているトリリウムが
広がっているところを見られて非常に満足して帰ってきました。

Scott's Run Nature Reserve

2005年04月20日 20:00

もうすでに木が茂り始めている森では
木漏れ日がちらちらしていました。
ついこの間歩いたばかりなのに
スプリングビューティーで埋まっていた
谷に入る道を見落として
行き過ぎてしまいました。
あの道はもう緑の空気の中に染まって
もう春は終わりなんだと告げていました。

Hidden Oak Regional Park

2005年04月19日 20:00

入口にここでは見られないと思っていた
ウッドポピーが咲いていました。
他にはチックウィード(はこべ)が咲いているくらいで
目新しいものはなかったですが、
春とは思えない緑の濃さにあきれてしまいました。
Wood poppy (Stylophorum Diphyllum)
Lesser Celandine (Ranunculus fi

Great Falls National park

2005年04月17日 20:00

ポトマックリバーの流れが急になり
岩場の続く景色になるあたりがこの公園のハイライトです。
私達が興味のあるのは春のワイルドフラワーなので
ここはそれほど期待してなかったのですが、
トレールがかなり沢山走っていて
結構目新しい野草にも会えて収穫ありでした。

Great Falls National park で見た花の一つ
英俗名は Moss phlox, Moss pink, Rock pink
春先の庭によく広がっているあの芝桜です。
原産は北米だったのですね。
自生種はピンクか白が多いようです。
か細くて華奢な感じから直ぐ

Bull Run Regional Park

2005年04月16日 20:00

今日は久しぶりにフィルムカメラも持ってきて
交換レンズならぬ交換ボディーして
二種類の写真を撮りました。
ずっと使っていなかったトリポッドも使ったので、
前回よりじっくりコンポジションを狙って撮れたかな?
色の白い物を捜してみましたが、
真っ白の物は見つかりませんでした。
アールウッドと、ブルックナーでは
必ず白の物が出るところが分かっていたので
毎年見ることが出来たのですが、、、

Ellanor C. Lawrence Park

2005年04月14日 20:00

やっぱり凄い量のブルーベルと、スプリングビューティー
つい2週間前にはまだ泥に埋まっていたはずの
ブルーベルが何でこんなにせも高く伸びているのか?
春の植物の成長の力は恐ろしいです。

C&O Canal Lock 7

2005年04月12日 20:00

ポトマック河のメリーランド側に作られた
チェサピーク&オハイオカナル後の
トレイルを歩いてきました。
このトレイル自体は数百マイルに及ぶ長い物ですが、
今回はメリーランドに渡って東側直ぐにある
lock7周辺です。
平日は人気もなくてちょっと寂しい感じがします。
ワイルドフラワーがカナルとポトマックリバーの間の
湿地に広がっています。
写真は両方とも帰化植物
Ground ivy (Glechoma hederacea)

Meadowlark Garden Park

2005年04月11日 20:00

Meadowlark Garden Parkで
ブルーベルが見事に開花しておりました。

ポトマックのサクラ

2005年04月09日 23:11

タイダルベースンのまわりに植えられた数千本のサクラを
最高の人出とお天気の元歩いてきました。

住宅地の遊歩道

2005年04月07日 20:30

オハイオでは自然保護区でしか見つからなかった
トラウトリリー(キバナカタクリ)が
この散歩道でも沢山咲きそうです。
ブラッドルートもかなりの数が咲いていました。
季節が進むにつれて何が出てくるか?
ちょっと期待できそうです。

ブラッドルート

Hidden Pond Nature center

2005年04月06日 20:00

小さなクリーク沿いの自然遊歩道を歩いてきました。
感じの良い住宅街の奥にある
こぢんまりしたネーチャーセンターのナチュラルトレイル
季節を追うごとに豊富な野草が咲くようです。
今日は二つ新しい花を発見しました。

Scott's run nature Reserve

2005年04月04日 20:00

前回とは違う道を取ってみましたが道が分からなくなりそうなので戻り
ポトマックリバーにまっすぐ向かう広い道をたどり直してみると
ダッチマンブリーチーズやスプリングビューティーは
かなり賑やかに咲き始めていました。
お目当てのブルーベルも群落で出始めているのを確認。
ポトマックの河は数日間の雨で濁流となって
遊歩道がかなり歩きにくくなっているので
今日は奥まで入らないで引き返してきました。

Meadowlark Botanical Gardens

2005年04月01日 20:00

気が付かなかったブルーベルを数株発見!
ブルーランでは泥に埋まってしまっていたので
ちょっと一安心です。

Profile

アップル

Author:アップル
4年間近く続けてきた「ヴァージニア便り」のタイトルを
「Nature Journal」 に変更しました。
相変わらず野生の花を探しての旅が多いと思いますが
今までよりも幅広い自然の写真を撮っていきたいと思っています。


アップル的生活にはアメリカ生活、ニャー達、園芸植物、お料理の話題などを載せています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。